メインメニューを開く

アスキー新書(アスキーしんしょ)は日本出版社アスキーおよびアスキー・メディアワークスが刊行していた新書。毎月10日前後に4点ずつ刊行していた。

2007年3月10日にアスキーより刊行開始。創刊時には7冊を刊行した。「第二次新書ブーム」真っ只中の創刊であった。2008年4月1日にアスキーがアスキー・メディアワークスに統合されたことにより版元が変更された。

ブックカバーは白をベースとした黒と青の2色刷りで、表1の中央に市松模様が入るのが特徴のフォーマットデザイン。帯には水滴をイメージしたシンボルマークが入っていた。フォーマットデザインが統一されていることが多い新書にあって、朝日新書とともにが全点違ったデザインとなっているのも特徴。2008年3月10日の配本以降は青以外の色も使われるようになり、最近では帯が市松模様が隠れるくらいまで太くなる傾向がある。

2015年2月新刊より、KADOKAWAの他の新書レーベルだった、角川oneテーマ21(角川書店ブランドカンパニー)、角川SSC新書角川マガジンズ ブランドカンパニー)、メディアファクトリー新書メディアファクトリー ブランドカンパニー)と合わせ、レーベル名を角川新書に統一した[1]

目次

創刊ラインナップ編集

主な作品編集

脚注編集

外部リンク編集