メインメニューを開く

吉原貞敏

吉原 貞敏(よしはら さだとし、1909年5月3日 - 1995年9月17日)は、実業家東京鐵鋼創業者[1]馬主広島県向島(現・尾道市)出身。

目次

経歴編集

祖父は広島県向島の八幡神社の神官で、祖父まで137代を数える家系[1]。父・吉原敏(1885-1962)が明治大学在学中から清浦奎吾に私淑し卒業後、清浦の秘書として仕えた後、日本兵器製造の東京支社長などを経て、長男・貞敏とともに1940年大和製鉄を買収して同社を名称変更したものが東京鐵鋼の創業となる[1]。貞敏は明治大学商学部1932年中退後、飛島組に入社。1937年有明鉄工所、1938年高級鋳鉄研究所を設立した後、高級鋳鉄の生産を目指して父とともに東京鐵鋼を創業[1]1963年父の病死により東京鐵鋼社長就任、以後25年間社長を務める。1988年会長1992年名誉会長になるが、1995年死去するまで代表権を持ち経営に関与した。また1977年ダービー馬ラッキールーラ」、「ワイルドモア」などの競走馬の馬主としても知られ、亡くなった1995年分の長者番付全国1位となった。田中角栄と親しく東北新幹線の太平洋回りルートにも関与している[2]東京鐵鋼現社長で同じ馬主の吉原毎文は長男。

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集