吉岡 友愛(よしおか ともよし、1863年11月18日文久3年10月8日) - 1905年明治38年)3月7日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中佐(戦死後大佐昇進)。玄洋社社員[1]

吉岡 友愛
吉岡友愛.jpg
生誕 1863年11月18日
文久3年10月8日
日本の旗 日本福岡県
死没 (1905-03-07) 1905年3月7日(41歳没)
奉天
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍大佐
テンプレートを表示

経歴編集

福岡藩(福岡県)地行出身。父は吉岡孫太夫善次、母はゆき、兄は義處。陸軍大学校卒。

日露戦争ではじめ旅順攻囲軍に属し旅順攻囲戦に参加、旅順陥落後の1905年(明治38年)1月26日に歩兵第三十三連隊長に着任し、黒溝台会戦に参加。奉天会戦でロシア軍を退却させたが逆襲に会い、1905年(明治38年)3月7日戦死。享年41歳。

奉天会戦で戦死した吉岡の後を受け第3軍高級副官となったのは塚田清市山座円次郎の少年時代からの親友であり、山座円次郎の妹いくと結婚し義弟であった。 金鵄勲章(功四級金鵄勲章)と勲三等旭日中綬章を授与された。 福岡市中央区にある西公園 (福岡市)に、日清日露戦争記念碑と共に吉岡友愛大佐記念碑があるが、1926年(大正15年)に建立された吉岡の銅像は、第二次世界大戦の最中に供出され現在は無い。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 石瀧豊美『玄洋社・封印された実像』海鳥社、2010年、玄洋社社員名簿65頁。
  2. ^ 『官報』第6550号「叙任及辞令」1905年5月4日。

参考文献編集