吉岡氏(よしおかし)は、日本氏族

因幡吉岡氏編集

因幡国高草郡国人領主の一族[1]戦国時代には防己尾城主・吉岡定勝を出した[1]江戸時代には吉川氏に仕えた。

豊後吉岡氏編集

大友氏から野津氏、そして吉岡氏へと分かれた[2]野津頼宗を祖とする。

豊後国鶴崎地方を領し、千歳城鶴崎城を築き居城とした。吉岡長増の子・鑑興耳川の戦いで大友軍が島津氏に大敗した際に陣没するも、島津氏が豊後に侵攻し大友氏が滅亡の危機に立たされた際には、鑑興の遺子・統増大友宗麟を守護し、また未亡人である妙林尼は居城を守って奮戦した。

文禄2年(1593年大友義統が改易となると、家臣の吉岡氏も没落した。その後は細川氏に仕え熊本藩士として幕末を迎えた。

剣豪編集

室町時代京八流陰陽師鬼一法眼が、源義経らに伝授した兵法)を基に、京都吉岡流を開き、足利将軍家の剣術師範を務めた。

江戸時代初期、吉岡直綱(拳法)・吉岡直重(伝七郎)は宮本武蔵と対戦し敗れている(吉岡氏方の資料に異説あり)[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 太田 1936, p. 6472.
  2. ^ 太田 1936, p. 6473.

参考文献編集

  •  太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「吉岡 ヨシヲカ」 『姓氏家系大辞典』 第3巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1936年、6472-6472頁。全国書誌番号:47004572https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1131019/1205 国立国会図書館デジタルコレクション 

外部リンク編集