メインメニューを開く

吉川経忠

吉川 経忠(きっかわ つねただ)は、江戸時代後期の周防国岩国領の第8代領主。

 
吉川経忠
時代 江戸時代後期
生誕 明和3年2月24日1766年4月3日
死没 享和3年5月30日1803年7月18日
別名 和三郎、倫継、経通、金璽
戒名 紹徳院殿孝運祖沢大居士
墓所 山口県岩国市横山の洞泉寺
幕府 江戸幕府
主君 毛利斉房
周防岩国領
氏族 吉川氏
父母 父:吉川経倫、母:一柳末栄娘・多芽(側室高木氏との説もある)
兄弟 経忠大島義言
経賢経礼経章礼成(四男)

生涯編集

吉川経倫の長男として生まれる。寛政4年(1792年)、父の隠居により家督を相続する。岩国の財政は経忠の襲封以前から悪化していた。経忠は文武教育を奨励し、敬神崇祖の範を示すことによって土風の刷新を図った。その上で財政の健全化を図り、家老の宮庄親徳香川景晃らを中心に財政改革を推進した。しかし享和3年(1803年)に38歳で、麻疹の合併症のため死去した。