メインメニューを開く

吉川経章

吉川 経章(きっかわ つねあきら)は、江戸時代後期の周防国岩国領の第11代領主。

 
吉川経章
時代 江戸時代後期
生誕 寛政6年11月24日1794年12月16日
死没 天保14年11月19日1844年1月8日
改名 尚五郎(幼名)、礼賢、経章
戒名 亮功院英山道雄
墓所 山口県岩国市横山の洞泉寺
幕府 江戸幕府
主君 毛利敬親
周防岩国領
氏族 吉川氏
父母 父:吉川経忠、養父:吉川経礼
兄弟 経賢経礼経章礼成
正室:長井元簡娘・(清操院)
経幹小堀正明

生涯編集

寛政6年(1794年)11月24日、第8代領主・吉川経忠の三男として生まれる。天保7年11月26日(1837年1月2日)に兄で第10代当主の経礼が死去すると、天保8年(1837年)1月19日、その養子として数え43歳で家督を相続。天保14年(1843年)11月19日に死去する。享年50。家督は天保15年(1844年)1月14日、長男・経幹が継いだ。