吉田 加南子(よしだ かなこ、1948年11月2日 - )は、日本の詩人フランス文学者、学習院大学フランス語圏文化学科名誉教授[1]

来歴編集

東京生まれ。学習院大学文学部仏文科卒。東京大学大学院およびパリ第三大学にて学ぶ。1994年、詩集『定本 闇』で高見順賞受賞。父は詩人で『ガダルカナル戦記』の著者・吉田嘉七(1918-97)[2]

著書編集

  • 『闇』思潮社, 1992
  • 『定本闇 見ること闇が光となるまで』思潮社, 1993
  • 『詩のトポス 不透明から愛へ』思潮社 1993
  • 『波』思潮社 1995
  • 『波波波』思潮社 1996
  • 『吉田加南子詩集』思潮社(現代詩文庫) 1997
  • 『言葉の向こうから』みすず書房, 2000
  • 『幸福論』思潮社 2005
  • 『定本闇 対訳版』森紀与子, ティエリ・マレ訳 思潮社 2000
  • 『フランス詩のひととき 読んで聞く詞華集』白水社 2008[3]

共編著編集

翻訳編集

脚注・出典編集

  1. ^ 吉田加南子教授最終講義 学習院大学
  2. ^ 「現代詩手帖」2002年11月号
  3. ^ 石川清子, 「吉田加南子, 2008, 『フランス詩のひととき 読んで聞く詞華集』, 東京, 白水社, 170 p.」『Revue japonaise de didactique du français』 2009年 4巻 2号 p.222-224, 日本フランス語教育学会, doi:10.24495/rjdf.4.2_222

外部リンク編集