メインメニューを開く

中村 邦生(なかむら くにお、1946年4月21日 - )は、日本の小説家英米文学者・大東文化大学名誉教授。

東京都生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業後、都市出版社(旧)で主に海外文学の編集に携わる。同社勤務をへて、立教大学大学院を修了し、教職に就く。2017年大東文化大学教授を定年、名誉教授となる[1]

1993年に「冗談関係のメモリアル」で第77回文學界新人賞を受賞。1994年「ドッグ・ウォーカー」で、1995年「森への招待」で芥川賞候補。小説としては、『月の川を渡る』(作品社)、『風の消息、それぞれの』(作品社)、『チェーホフの夜』(水声社)、『転落譚』(水声社)。 また、短編小説のアンソロジーの編著に、『生の深みを覗く』、『この愛のゆくえ』(共に岩波文庫)などがある。

目次

単著編集

タイトル 出版社 刊行年
<つまずき>の事典 人生の危機から生れた名言・名句 大修館書店 1993
月の川を渡る 作品社 2004
〈虚言〉の領域 反人生処方としての文学 ミネルヴァ書房 2004 
風の消息、それぞれの 作品社 2006
いま、きみを励ますことば ― 感情のレッスン 岩波ジュニア新書 2007
チェーホフの夜 水声社 2009
転落譚 水声社 2011
書き出しは誘惑する ― 小説の楽しみ 岩波ジュニア新書 2014
はじめての文学講義 読む・書く・味わう 岩波ジュニア新書 2015
風の湧くところ 風濤社 2015

編著編集

タイトル 出版社 刊行年
生の深みを覗く 岩波文庫 2010
この愛のゆくえ 岩波文庫 2011

  

共著編集

タイトル 共著者 出版社 刊行年
<さようなら>の事典 窪田般弥  大修館書店 1989
英米文学に見る家族像 高田賢一 ミネルヴァ書房 1997
たのしく読める英米青春小説 作品ガイド120 高田賢一 ミネルヴァ書房 2002
名作はこのように始まる2 千石英世 ミネルヴァ書房 2008
ラヴレターを読む 愛の領分 吉田加南子 大修館書店 2008
未完の小島信夫 千石英世 水声社 2009
小説への誘い ― 日本と世界の名作120 小池昌代 芳川泰久 大修館書店 2015

共編著編集

タイトル 共編者 出版社 刊行年
小島信夫批評集成 全8巻 千石英世 山崎勉 水声社 2010-2011
小島信夫短篇集成 全8巻 千石英世 水声社 2014-2015
小島信夫長篇集成 全10巻 千石英世 水声社 2015-

翻訳編集

タイトル 著者 出版社 刊行年
逃げるが勝ち ロレンス・ダレル  (山崎勉共訳) 晶文社 1980
罪深き愉しみ ドナルド・バーセルミ (山崎勉共訳) 彩流社  1981
ぼくのうちに波がきた キャサリン・コーワン 岩波書店 2003
喜びのおとずれ  C・S・ルイス自叙伝 C・S・ルイス (早乙女忠共訳) ちくま文庫 2005

外部リンク編集

脚注編集