メインメニューを開く
1960年の宇佐美(左)と佐藤敬

宇佐見 英治(うさみ えいじ、1918年1月13日 - 2002年9月14日)は、日本の詩人、フランス文学者、美術評論家、明治大学名誉教授。

大阪出身。1941年東京帝国大学卒。『同時代』同人として矢内原伊作らと活動。『歴程』にも参加。明治大学教養部教授を務め、1988年定年。1982年『雲と天人』で藤村記念歴程賞、1997年宮沢賢治賞受賞。

加藤周一によれば、矢内原にアルベルト・ジャコメッティを紹介したのは宇佐見であったという[1]

目次

著書編集

  • ピエールはどこにいる 東京創元社 1957
  • 縄文の幻想 先史芸術と現代芸術 淡交社 1974、平凡社ライブラリー 1998.6
  • 迷路の奥 みすず書房 1975
  • 石を聴く 朝日新聞社 1978.12
  • 辻まことの思い出 湯川書房 1978.12、みすず書房 2001.9
  • 夢の口 湯川書房 1980.4
  • 雲と天人 岩波書店 1981.10
  • 三つの言葉 みすず書房 1983.1
  • 芸術家の眼 筑摩書房 1984.5
  • 方円漫筆 みすず書房 1992.12
  • 石の夢 自選随筆集 筑摩書房 1994.12
  • 樹と詩人 自選随筆集 筑摩書房 1994.12
  • 明るさの神秘 みすず書房 1997.9
  • 死人の書 小説とエッセー 東京創元社 1998.11
  • 見る人 ジャコメッティと矢内原 みすず書房 1999.9
  • 海に叫ばむ 戦中歌集 砂子屋書房 1999.6
  • 言葉の木蔭 詩から、詩へ 港の人 2018.3、堀江敏幸

共著編集

  • 古寺巡礼京都 妙法院 三十三間堂 三崎義泉共著 淡交社 1977.6
  • 古寺巡礼奈良 円成寺 田畑賢住共著 淡交社 1979.2
  • 対談ジャコメッティについて 矢内原伊作 用美社 1983.10
  • 一茎有情 対談と往復書簡 志村ふくみ 用美社 1984.10/ちくま文庫 2001.2

翻訳編集

  • 彼女と彼 ジョルジュ・サンド 河原書店 1948 (西洋文芸思潮叢書)、のち角川文庫
  • 恋愛論 スタンダール 原亨吉共訳 角川文庫 1951、のち改版
  • モダン・アートの哲学 ハーバート・リード 増野正衛共訳 みすず書房 1955
  • 魔が沼 ジョルジュ・サンド 角川書店 1955
  • 日本彫刻史 ラングドン・ウォーナー みすず書房 1956
  • 現代絵画 ヴェントゥリ みすず書房 1956
  • 道徳思想史 フランソワ・グレゴワール 白水社 1956 (文庫クセジュ)
  • イコンとイデア 人類史における芸術の発展 ハーバート・リード みすず書房 1957
  • アリアーヌの青春 クロード・アネ 世界大ロマン全集 東京創元社 1957
  • 彫刻の芸術 批評の芸術 ハーバート・リード 安川定男共訳 みすず書房 1957
  • 第十のミューズ ハーバート・リード みすず書房 1959
  • 手帖 サン・テグジュペリ著作集 みすず書房 1963
  • モディリアニ アルフレッド・ヴェルナー 美術出版社 1967
  • 神のくに テイヤール・ド・シャルダン著作集 みすず書房 1968
  • 空と夢 運動の想像力にかんする試論 ガストン・バシュラール 法政大学出版局 1968、新装版2016 (叢書・ウニベルシタス)
  • 旅の手紙 美田稔共訳 テイヤール・ド・シャルダン著作集 みすず書房 1970
  • コラ・ブルニョン ロマン・ロラン ノーベル賞文学全集 主婦の友社 1970
  • 幼児殺しの世界 過密をいかに救うか ブートゥール みすず書房 1973
  • ロートレックとキャバレーのパリ ジャック・ラセーニュ 現代の絵画 平凡社 1975
  • 私の現実 ジャコメッティ 矢内原伊作共編訳 みすず書房 1976
  • 彫刻とはなにか 特質と限界 ハーバート・リード 日貿出版社 1980.1
  • ラウル・デュフィ ジャン・コクトー全集(6) 東京創元社 1985.9

脚注編集

  1. ^ 加藤周一『高原好日』信濃毎日新聞社、2004年、P215

外部リンク編集