宇佐見 英治(うさみ えいじ、1918年1月13日 - 2002年9月14日)は、日本の詩人、フランス文学者、美術評論家、明治大学名誉教授。

1960年の宇佐美(左)と佐藤敬

人物・来歴編集

大阪出身。1941年東京帝国大学卒。『同時代』同人として矢内原伊作らと活動。『歴程』にも参加。明治大学教養部教授を務め、1988年定年。1982年『雲と天人』で藤村記念歴程賞、1997年宮沢賢治賞受賞。

加藤周一によれば、矢内原にアルベルト・ジャコメッティを紹介したのは宇佐見であったという[1]

著書編集

  • 『ピエールはどこにいる』東京創元社 1957
  • 『縄文の幻想 先史芸術と現代芸術』淡交社 1974、平凡社ライブラリー 1998.6
  • 『迷路の奥』みすず書房 1975
  • 『石を聴く』朝日新聞社 1978.12
  • 辻まことの思い出』湯川書房 1978.12、みすず書房(改訂版) 2001.9
  • 『夢の口』湯川書房 1980.4
  • 『雲と天人』岩波書店 1981.10
  • 『三つの言葉』みすず書房 1983.1
  • 『芸術家の眼』筑摩書房 1984.5
  • 『方円漫筆』みすず書房 1992.12
  • 『石の夢 自選随筆集』筑摩書房 1994.12
  • 『樹と詩人 自選随筆集』筑摩書房 1994.12
  • 『明るさの神秘』みすず書房 1997.9
  • 『死人の書 小説とエッセー』東京創元社 1998.11
  • 『見る人 ジャコメッティと矢内原』みすず書房 1999.9
  • 『海に叫ばむ 戦中歌集』砂子屋書房 1999.6
  • 『言葉の木蔭 詩から、詩へ』港の人 2018.3。堀江敏幸

共著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 加藤周一『高原好日』信濃毎日新聞社、2004年、P215

外部リンク編集