メインメニューを開く

ソニア・リキエル(Sonia Rykiel, 1930年5月25日 - 2016年8月25日[1])は、フランスパリ西部近郊ヌイイ=シュル=セーヌ出身のファッションデザイナー

ソニア・リキエル
Sonia Rykiel
Sonia Rykiel.jpg
ソニア・リキエル
誕生 1930年5月25日
フランスの旗 フランス共和国パリ近郊ヌイイ=シュル=セーヌ
死没 (2016-08-25) 2016年8月25日(86歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 ファッション・デザイナー
国籍 フランスの旗 フランス
主な受賞歴 フランス文化省 芸術文化勲章
公式サイト SONIA RYKIEL - MODE PARIS
テンプレートを表示

略歴編集

パリ西部近郊ヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。ユダヤ人の血をひく家系で、父はルーマニア人、母はロシア人の中流ブルジョワ家庭で育った。着たいようなマタニティウェアがなかったので、自分で作ったのがデザイナーになったきっかけだという。

1954年にサム・リキエルと結婚後、パリ14区のアレジア通り沿いにある現店舗に程近い、ジェネラル・ルクレール大通り (Avenue du Général Leclerc) 104番地にあるサムの店舗に服を卸していた。

雑誌ELLEに彼女のセーターが取り上げられ、また、お店の前を歩いていたオードリー・ヘップバーンもソニア・リキエルのロゴ入り色別全14種のセーターを買い求めたとのこと。

1968年5月、自らメゾンを立ち上げ、名前と同名のブランドを持つ。普段着だったニットセーターないしプルオーバー)、特に少年らが着ていたそれを、ボーダー柄スパンコールなど[2]をあしらう事でファッショナブルに変貌させ、「ニットの女王」の異名をとった。パリ6区グルネル通りに第1号店を開いてから、子供服化粧品紳士服と次々と事業を拡大。80歳を過ぎても現役であった。娘のナタリーもアートディレクターとして参加している。なお、メゾンについては、2012年に株式を香港商社リー&フォン傘下の投資会社を中心とするグループに売却している[3]

1983年フランス文化省から芸術文化勲章を受勲した。晩年はパーキンソン病を患っており、この病が元で2016年8月25日午前5時、パリの自宅で亡くなった[4]。享年86歳。

没後編集

2018年、パリ市内の一角にブランド設立50周年を記念して、生前の功績を称え、彼女の名前を冠したソニア・リキエル通りが誕生した。

一方で、彼女の死をきっかけに、ソニア・リキエル社は業績不振がさらに悪化。2019年3月には、ルイ・ヴィトンを経て2014年からクリエイティブ・ディレクターを務めていたジェリー・ドゥ・リブラン英語版が退社[3][5]4月30日、ソニア・リキエル社は再建型破産手続きを申請し、管財人の管理下に置かれることになった。しかし、期限までにスポンサー候補との間で条件面での折り合いがつかなかったため、同年7月25日、フランス商事裁判所はソニア・リキエル社の清算を決定[2]。約半世紀にわたるブランドの歴史に幕を閉じる事となった。

ブランド編集

  • ソニア・リキエル - ファーストライン婦人服
  • ソニア・バイ・ソニア・リキエル - カジュアルライン婦人服
  • ソニア・リキエル・アンファン - 子供服
  • ソニア・リキエル ボーテ - 化粧品。以前は「ソニア・リキエル コスメティックス」「ソニア・リキエル ナイト&デイ」という呼称だった。日本の化粧品会社アルビオンと提携、1987年に発売を開始した[6]
  • リキエル・オム - 紳士服

日本での展開編集

日本では1980年代、セゾングループのエルビスが輸入販売を手掛けていた[7]。その後オンワードグローバルファッション (OGF) が総代理店となっていたが、ミッソーニと共に2017-2018年秋冬コレクションで終了[8]。ソニア・リキエル・ジャポンをソニア・リキエル社の直接子会社とした上で、2018年春夏コレクションから独自の展開を開始した[9]アクセサリーの強化などを通じてブランド活性化に取り組んだが[10]、清算決定に伴い2019年7月末をもって終了する[2]。「ソニア・バイ・ソニア・リキエル」も同じくOGFが取り扱っていたが、こちらも2017-18秋冬コレクションが最後となった[8]

オンワード樫山ライセンスで手掛けるブランド「ソニア・リキエル コレクション (SONIA RYKIEL COLLECTION)」についても、2018-19秋冬コレクションを最後に終了となる[2][11]

「ソニア・リキエル ボーテ」については、アルビオンがライセンス契約を2014年12月31日で打ち切ったため、同年度末に販売を終了した[6]

日本語書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “ソニア・リキエルさん死去 仏ファッションデザイナー”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年8月25日). オリジナルの2016年8月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140909165003/http://www.asahi.com/articles/ASG9852H8G98UCVL00Z.html 2018年4月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d “「ソニア リキエル」、身売り先がなく清算へ 店舗も即日閉店”. WWD JAPAN. (2019年7月26日). https://www.wwdjapan.com/articles/905616 2019年7月28日閲覧。 
  3. ^ a b “「ソニア・リキエル」が破産 身売り先探しへ”. FASHION NETWORK. (2019年5月1日). https://jp.fashionnetwork.com/news/-ソニア-リキエル-が破産-身売り先探しへ,1094528.html 2019年7月28日閲覧。 
  4. ^ "La reine du tricot" Sonia Rykiel est morte à l'âge de 86 ans」france info 25/08/2016
  5. ^ “「ソニア リキエル」のディレクターが突如ブランドを去る 会社は新たな投資家を探す”. WWD JAPAN. (2019年3月15日). https://www.wwdjapan.com/articles/828102 2019年7月28日閲覧。 
  6. ^ a b “「ソニア リキエル ボーテ」の製造・販売を終了 アルビオンがライセンス契約を打ち切り”. WWD JAPAN. (2014年7月25日). https://www.wwdjapan.com/articles/183508 2019年7月28日閲覧。 
  7. ^ 橋本雅彦 (2019年8月1日). “France|「グッチ」「シャネル」が年商1兆円時代を迎えて ソニア・リキエル社廃業が暗示するデザイナーブランドの危機”. SEVENTIE TWO. https://www.seventietwo.com/ja/business/SoniaRykielclosedown 2019年8月31日閲覧。 
  8. ^ a b オンワードが「ソニア リキエル」の輸入販売を終了 WWD 2017年7月31日
  9. ^ “ソニア リキエル ジャポン本格始動 敏腕ラグジュアリー経営者傘下に”. WWD JAPAN. (2017年9月12日). https://www.wwdjapan.com/articles/469795 2019年7月28日閲覧。 
  10. ^ “【トップに聞く】ファーストヘリテージブランド ルビエ社長兼CEO”. 繊研新聞電子版. (2017年11月5日). https://senken.co.jp/posts/firstheritagebrands-ceo 2019年7月28日閲覧。 
  11. ^ “ブランド終了のご挨拶 - ニュース - ソニア リキエル コレクション公式サイト”. オンワード樫山. (2018年11月19日). https://www.onward.co.jp/soniarykielcollection/news/post-1.html 2019年7月28日閲覧。 

関連項目編集

  • フーセンウサギ - ソニア・リキエル・アンファンの日本での製造を行っていた。

外部リンク編集