メインメニューを開く

吉良 義堯(きら よしたか、生没年不詳)は、戦国時代武将三河西条吉良氏(上吉良)6代。幼名は珍王丸、通称は三郎。左兵衛佐と称す。妻は後藤平太夫の娘。子は義郷義安義昭

吉良義元嫡男として生まれる。父義元が家督を継ぐことなく永正13年(1516年)以前に没したため、同年10月4日、祖父吉良義信から家督を譲られる。

永正16年(1519年)に元服、同年10月14日、将軍足利義稙に対し元服の礼物を献上しているが、これが京都における西条吉良氏の消息の最後である。この直後、義稙が失脚し京都を追われたため、祖父義信の頃から義稙派であった西条吉良氏は、京都での立場を失い、吉良荘に戻り領国経営に専念したと思われる。

遠江国引馬荘(静岡県浜松市)は南北朝時代から吉良氏の領地であったが、駿河今川氏の侵攻に遭い、代官である大河内貞綱巨海道綱兄弟は斯波氏と結んで、これに対抗していた。義堯が家督を継いで間もない永正14年(1517年)8月19日、今川氏親により拠点である引馬城を落とされ揃って戦死、吉良氏は遠江の所領を失うこととなった。

義堯の没年月日は不詳。法名は乾福院殿通山是公大居士。

先代:
吉良義信
西条吉良家当主
吉良義堯
次代:
吉良義郷