メインメニューを開く
現行の車両(さざんか号)

吉野ヶ里町コミュニティバス(よしのがりちょうコミュニティバス)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町企画課が町内各地で運行するコミュニティバスである。

東脊振村でバスを運行していた西鉄バス佐賀が路線を廃止したのを機に、2003年(平成15年)10月1日に同村が運行開始したコミュニティバス「さざんか号」を吉野ヶ里町が継承したものである。実際の運行業務は西鉄バス佐賀(鳥栖支社)と吉野ヶ里観光タクシーが行っている。

路線は9路線。運賃は小学生以上が100円、小学生未満の幼児は無料。吉野ヶ里町在住の小中学生・障害者などに交付される運賃免除証所持者も無料。現金支払いのみで両替機は装備していない。土曜日・日曜日・祝日・盆・年末年始(12月29日から1月3日)は運休する。

目次

沿革編集

2003年(平成15年)10月1日に東脊振村コミュニティバス「さざんか号」として運行開始。

東脊振村では西日本鉄道(西鉄)の分離子会社である西鉄バス佐賀が目達原(三田川町)と東脊振村を結ぶ路線を運行していたが、利用客の逸走などにより2003年(平成15年)9月30日限りで廃止された。この代替交通として村では翌10月1日から代替交通として当時の三田川町の吉野ヶ里公園駅と村内各地を結ぶコミュニティバスの運行を開始した。

路線はそれまでの西鉄バス路線と同様に国道385号県道中原三瀬線を通り村中心部・村内主要集落を通る「永山⇔吉野ヶ里公園駅」間の1路線と、村内のみを通る巡回コース「北コース」「東コース」「西コース」3路線の計4路線が設定された。

2006年(平成18年)3月1日に三田川町と東脊振村は合併して吉野ヶ里町となるが、このときには合併協定項目に基づき、運行内容はそのままで新町に継承されている。

2007年(平成19年)1月9日にダイヤ改正と路線延長・新設を実施。それまで運行していなかった旧三田川町域でも「ふれあい館巡回コース」として4路線を運行開始した。このため専用車は従来の「さざんか号」に「さくら号」を追加して2台とし、「さざんか号」は主に旧東脊振村内発着の路線で、「さくら号」は主に旧三田川町内の路線で使用した。

2011年(平成23年)6月1日と2013年(平成25年)4月1日に路線を大幅に整理・再編するダイヤ改正を実施した。

2016年(平成28年)9月1日、同年3月に策定した「吉野ヶ里町地域公共交通網形成計画」に基づき路線を大幅に縮小するダイヤ改正を実施した。代替として、登録制のデマンド型乗合タクシーが導入された。

年表編集

  • 2003年(平成15年)10月1日 - 「さざんか号」運行開始。永山⇔吉野ヶ里公園駅間9往復(区間便を含む)、巡回コース3路線各3本計9本(循環)を運行。
  • 2006年(平成18年)3月1日 - 吉野ヶ里町の発足により吉野ヶ里町コミュニティバスとなる。
  • 2007年(平成19年)1月9日 - ダイヤ改正。旧三田川町域で「さくら号」運行開始。従来の永山⇔吉野ヶ里公園駅間の路線に準じた南北コース8往復(区間便を含む)、東脊振村巡回コースに準じたきらら館巡回コース3路線各3本計9本(循環)のほか、旧三田川町域でふれあい館巡回コース4路線計17本(循環)を運行開始。
  • 2011年(平成23年)6月1日 - ダイヤ改正。南北コース、町内を左・右回りに一周する循環コース、目達原・田中方面の小中学生輸送を目的とした学童輸送コースを運行。町内在住の高齢者(65歳以上)に対する運賃免除を廃止。
  • 2011年(平成23年)9月1日 - 車両を置き換え。車両の関係で乗降方式を前乗り前降り運賃後払いから後乗り前降り運賃後払いに変更。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - ダイヤ改正。通常の運行コース5路線計12往復および循環2本、通学通勤コース4路線各1.5往復を運行。
  • 2016年(平成28年)9月1日 - ダイヤ改正。日中の運行コースが1路線循環5本のみ、通勤通学線が3路線となる。石動地区、横田地区、川原団地などを通る路線が廃止され、永山地区、新宮田地区などでは日中の運行がなくなり、使用車両も2台から1台に減車される。吉野ヶ里観光タクシーによる乗合タクシー便を運行開始。
  • 2018年(平成30年)9月3日 - ダイヤ改正。鳥ノ隈地域での路線変更。

路線編集

2016年9月1日現在、以下の路線がある。ただし便によっては下記の全区間を運行しない便や、途中の停留所に停車しない便もある。

循環線
きらら館 → 東脊振庁舎 → 中副 → 河原橋 → 川原下 → 横田 → 鳥ノ隈東 → 吉野ヶ里公園駅北口 → 吉野ヶ里歴史公園 → 田手村 → 三田川小学校 → 三田川庁舎 → 楠川歯科前 → 立野 → 苔野 → 東目達原 → 目達原郵便局 → 荒木歯科前 → 苔野 → (この間往路と同一経路) → きらら館
通勤通学線1
吉野ヶ里公園駅北口 - 鳥ノ隈東 - 鳥ノ隈 - 横田 - 川原下 - 河原橋 - 中副 - 東脊振庁舎 - きらら館 - 西石動 - 関屋 - 山茶花の湯 - 松坂橋 - 松隈 - 一の瀬 - 永坂 - 永山
東脊振庁舎 - 松隈 - 一の瀬 - 永坂 - 永山
通勤通学線2
田中 - 乙ノ馬手公民館 - 下藤北 - 箱川下分農村公園 - 三田川中学校 - 三田川庁舎
通勤通学線3
目達原郵便局 - 新宮田農村公園 - 三田川庁舎

循環線はきらら館を起点に東脊振庁舎・吉野ヶ里歴史公園・三田川庁舎を経由し、町域東部の目達原地区を一周して再び同じ経路できらら館に戻るラケット型循環路線で、日中に5本が運行される。

通勤通学線1は吉野ヶ里公園駅・東脊振庁舎と町北部の山間部の永山を結ぶ路線で、2.5往復の運行。うち1往復は吉野ヶ里公園駅北口発着で、吉野ヶ里公園駅北口行きが早朝に、吉野ヶ里公園駅北口発が夕方に運行される。1.5往復は東脊振庁舎発着、登下校時間帯の運行で、永山発が朝1本、東脊振庁舎発が午後に2本運行される。

通勤通学線2は町域南端部の田中地区と三田川庁舎を結ぶ路線。通勤通学線3は町域東部の新宮田地区と三田川庁舎を結ぶ路線。いずれも三田川庁舎行きが朝1本、三田川庁舎発が午後2本の登下校時間帯の運行。

通勤通学線1のうち東脊振庁舎発着の1.5往復は吉野ヶ里観光タクシーが運行する乗合タクシーで、それ以外は全路線全便とも西鉄バス佐賀による運行である。

車両編集

専用車両(日産ディーゼルRN)2台(社番5244・5432)を使用する。いずれも西鉄バス二日市から転入した車両で、改装の上で2011年9月1日から当路線での運行を開始している。5244はベージュ色塗装で町の花であるサザンカの絵を入れ「さざんか号」の愛称が付けられ、5432はピンク色塗装で町の木であるサクラの絵を入れ「さくら号」の愛称が付けられている。

運行開始当初は貸切車を転用した小型車(日野レインボー7M)1台(社番8514)に「さざんか号」の愛称を付けて使用していたが、2007年の旧三田川町域での運行開始に伴い、同形車をもう1台(社番8695)転用して「さくら号」の愛称を付け、以後は2台体制となっている。塗装はいずれも現行の「さざんか号」「さくら号」とほぼ同じ塗装であった。2011年に上記のように車両を置き換えて現在に至る。

西鉄バス佐賀鳥栖支社に所属する。

参考文献編集

外部リンク編集