同調圧力(どうちょうあつりょく : Peer pressureピア・プレッシャー)とは、地域共同体職場などある特定のピアグループ: Peer group )において意思決定合意形成を行う際に、少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。

概説編集

少数意見(多数決の問題点:少数意見の抑圧)を有する者に対して態度変容を迫る手段にはさまざまな方法がある。彼らに対して物理的に危害を加える旨を通告するような明確な脅迫から、多数意見に逆らうことにの意識を持たせる、ネガティブ・キャンペーンを行って少数意見者が一部の変わり者であるとの印象操作をする、「一部の足並みの乱れが全体に迷惑をかける」と主張する、少数意見のデメリットを必要以上に誇張する、同調圧力をかけた集団から社会的排除を行うなどである。 組織社会学者の太田肇は、社会の閉鎖性、同質性、個人の未分化という構造的要因に共同体主義というイデオロギーが加わることで同調圧力がエスカレートすると説明している[1]。また文筆家の山本七平は「空気」、歴史学者の阿部謹也は「世間」という概念を用いて日本社会の同調圧力に関する考察を行っている[2][3]

関係の深い意思決定に関わる諸概念編集

コミュニケーションにおける背景編集

集団との関係編集

顕れる事象、もたらす事象の例編集

文化・社会的背景編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 太田肇 『同調圧力の正体』PHP研究所、2021年。ISBN 4569849555 
  • 山本七平 『「空気」の研究』文藝春秋社、1983年。ISBN 416791199X 
  • 阿部謹也 『「世間」とは何か』講談社、1995年。ISBN 4061492624 

関連項目編集

外部リンク編集