メインメニューを開く

奉加帳方式(ほうがちょうほうしき)とは、付き合いで金銭を負担させられたり、署名させられたりすることをいう。名称は奉加帳の如く、横並びで金品を出させられたりすることから。

概要編集

つきあいで参加させられたりすることを指す。たとえば、政府主導によって行政指導で企業が設立され、民間企業が「つきあい」で出資させられることはよくあることである(もちろん、建前上、強制ではなく自由意思による出資である)。

企業が業界団体に付き合いで加盟したり、講演会パーティーに付き合いで出席したりということも多い。

町内会などでもよくある。「みんなが出すから出す」という言葉に代表され、日本のみならず、東南アジア(バリ島など)でもみられる文化である。

関連項目編集