メインメニューを開く

名例律(みょうれいりつ)はの編目の1つ。刑事に関する総論を扱う。

概要編集

名は刑罰の名称,例は法例のことで,律全体の冒頭にある。刑罰の名称( 五刑),とくに重大視される犯罪( 八虐),減刑・換刑・付加刑等に関する規定,裁判に関する規準,律中の用語の定義からなる。このうち五刑・八虐については,体系的法典としての大宝律制定以前に成文化されていたとする説もある。