メインメニューを開く

名古屋市立大学看護短期大学部(なごやしりつだいがくかんごたんきだいがくぶ、英語: Nagoya City University College of Nursing[1])は、愛知県名古屋市瑞穂区字川澄1に本部を置いていた日本公立大学である。1988年に設置され、2002年に廃止された。大学の略称は看短。学生募集は1998年度まで。1999年度より名古屋市立大学看護学部に改組され、短期大学部は募集停止され、2002年3月29日廃止[2]

名古屋市立大学看護短期大学部
大学設置 1988年
創立 1931年
廃止 2002年
学校種別 公立
本部所在地 愛知県名古屋市瑞穂区字川澄1
学部 看護学科
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

  • 名古屋市立大学看護短期大学部は1988年、名古屋市立大学医学部に併設された日本公立短期大学。看護学科のみの単科短大で、入学定員は100名となっていた。

教育および研究編集

  • 名古屋市立大学看護短期大学部は学名通り看護教育に力をいれており、名古屋市立大学病院での臨床実習が取り入れられていた。

学風および特色編集

  • 名古屋市立大学看護短期大学部は市立大学医学部に併設されていた関係上、教員は医学部との兼任者が多いものとなっていた。
  • 学生は女子のみとなっていた。

沿革編集

  • 1931年7月13日 名古屋市民病院附属看護婦養成所が開設される(2年制)。
  • 1936年 3年制となる。
  • 1949年 名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校を設立 (修業年限3年)。
  • 1957年 高等厚生女学校を名古屋市立大学看護学校に改組。
  • 1966年 看護学校を瑞穂区瑞穂通から瑞穂区瑞穂町川澄に移転
  • 1968年 名古屋市立看護専門学校開校
  • 1988年 名古屋市立大学看護学校と名古屋市立看護専門学校を統合かつ発展改組して名古屋市立大学看護短期大学部看護学科を置く:在学者数は100[3]
  • 1998年度をもって学生募集を最後とする。
  • 2002年3月29日廃止[2]

基礎データ編集

所在地編集

  • 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 看護学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

大学関係者と組織編集

大学関係者組織編集

  • 名古屋市立大学看護短期大学部の同窓会は名古屋市立大学看護学部同窓会に属する。

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 設備:名古屋市立大学川澄キャンパス内に短大の校舎があった。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110001000592より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』249頁より。
  3. ^ 64年度版『全国学校総覧』49頁より
  4. ^ 『きのう・今日・あす2 自己評価報告』より
  5. ^ 名古屋市立鶴舞図書館に所蔵

関連サイト編集