名古屋市立西築地小学校

名古屋市港区の公立小学校

名古屋市立西築地小学校(なごやしりつにしつきじしょうがっこう)は、愛知県名古屋市港区一丁目にある公立小学校。地元での略称・呼称は、西築(せいちく)。

名古屋市立西築地小学校

Nagoya City Nishi-Tsukiji Elementary School 20160416-03.JPG

国公私立の別 公立学校
設置者 名古屋市
校訓 明るく、強く、正しく
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 455-0036
愛知県名古屋市港区浜一丁目2番33号[WEB 1]

北緯35度5分51.77秒 東経136度52分53.85秒 / 北緯35.0977139度 東経136.8816250度 / 35.0977139; 136.8816250座標: 北緯35度5分51.77秒 東経136度52分53.85秒 / 北緯35.0977139度 東経136.8816250度 / 35.0977139; 136.8816250
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

1915年大正4年)に名古屋市中川小学校より分離、現在地に名古屋市西築地尋常小学校設立。1947年昭和22年)、学校教育法施行により、名古屋市立西築地小学校と改称。

2005年平成17年)に創立90周年を迎えた。

2000年頃より導入された「総合学習」の時間に、名古屋港水族館でウミガメの産卵をテーマとした学習に取り組む。名古屋港水族館に近いという地の利を生かした、西築地小学校ならではの研究テーマとなった。

児童数の変遷編集

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、児童数の変遷は以下の通りである[1]

1947年(昭和22年) 1239人
1957年(昭和32年) 1186人
1967年(昭和42年) 775人
1977年(昭和52年) 582人
1987年(昭和62年) 373人
1997年(平成9年) 299人
2007年(平成19年) 201人
2017年(平成29年) 215人

その他編集

野球部のユニフォームは、オリックス・ブルーウェーブビジター用のユニフォームをモデルとしたものである。これは、当時顧問だった先生がオリックス・ブルーウェーブに所属していたイチローのファンであったことから、このようなデザインになった。

通学区域編集

所管する名古屋市教育委員会は、2018年(平成30年)9月1日現在、港区のうち、 入船一丁目・入船二丁目・港栄四丁目(一部)・港楽三丁目(一部)・千鳥一丁目・千鳥二丁目・西倉町・浜一丁目・浜二丁目・港町名港一丁目・名港二丁目を通学区域として指定している[WEB 2]

また、卒業後の進学先は名古屋市立東港中学校となっている[WEB 3]

交通アクセス編集

関係者編集

脚注編集

[ヘルプ]

WEB編集

  1. ^ a b 名古屋市教育委員会事務局総務部企画経理課企画統計係 (2018年9月18日). “港区の小・中学校一覧” (日本語). 名古屋市. 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部教育環境計画室計画係 (2018年9月1日). “名古屋市立小・中学校の通学区域一覧(港区) (PDF)” (日本語). 名古屋市. 2018年11月15日閲覧。
  3. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部教育環境計画室計画係 (2018年4月1日). “名古屋市立中学校区一覧(小→中) (PDF)”. 名古屋市. 2018年11月14日閲覧。

書籍編集

参考文献編集

  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目編集

外部リンク編集