メインメニューを開く

名古屋記念(なごやきねん)は、愛知県競馬組合が施行する地方競馬重賞競走(SPI)である。正式名称は「名古屋市長杯 名古屋記念」。

名古屋記念
開催国 日本の旗 日本
主催者 愛知県競馬組合
競馬場 名古屋競馬場
創設 1997年12月23日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け SPI
賞金 1着賞金400万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上、東海所属
負担重量 ハンデキャップ
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は、名古屋市長賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2019年)[2]

目次

概要編集

1997年名古屋競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の別定重量の重賞競走「名古屋記念」として創設。格付けはSPI(スーパープレステージワン)。創設当初から1998年までは12月23日に固定開催。1998年から負担重量をハンデキャップに変更され1999年からは施行時期を12月31日の固定開催に変更、かつ施行場を中京競馬場のダート1700mに変更された。

2002年からは現在の名古屋競馬場のダート1900mに変更され2004年度(2005年)からは施行時期を12月31日から1月初旬に変更、2007年は施行時期を1月3日の固定開催に変更、それ以降名古屋競馬場は年末の12月31日から4日間連続で重賞競走を開催している(12月31日・尾張名古屋杯、1月1日・新春盃、1月2日・新春ペガサスカップ)。

2010年は13年ぶりに負担重量を「ハンデキャップ」から「別定重量」に変更。なお、この年は「名古屋開府400年記念」の副賞が付いて施行された。2011年は1月3日のメーンレースにサラブレッド系4歳以上の東海所属馬のB級格付け馬限定の特別競走「名古屋LJケンタウロスカップ」が組まれることに伴い、本競走の施行時期が1月4日の開催に変更され、さらに施行距離をダート1600mに変更、かつ負担重量も「別定重量」から「ハンデキャップ」に再度変更された。2012年からはまた距離が変更され、1400mで施行されている。

2020年より出走条件が3歳以上から4歳以上に変更される予定。

条件・賞金(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳以上、東海所属。
負担重量
ハンデキャップ
賞金額
1着400万円、2着100万円、3着48万円、4着32万円、5着20万円、着外4万円[1]

歴史編集

  • 1997年 - 名古屋競馬場のダート1600mのサラブレッド系4歳(現3歳)以上の別定重量の重賞(SPI)競走「名古屋記念」として創設。
  • 1998年 - 負担重量を「別定重量」から「ハンデキャップ」に変更。
  • 1999年
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件を「サラブレッド系4歳以上の東海所属馬」から「サラブレッド系3歳以上の東海所属馬」に変更。
  • 2002年 - 施行場を名古屋競馬場のダート1900mに変更。
  • 2005年 - 施行時期を1月初旬に変更。それに伴い、出走条件も「サラブレッド系3歳以上の東海所属馬」から「サラブレッド系4歳以上の東海所属馬」に変更。
  • 2010年
    • 負担重量を「ハンデキャップ」から「別定重量」に変更。
    • 「名古屋開府400年記念」の副賞が当年のみ付く。
  • 2011年
    • 施行距離をダート1600mに変更。
    • 負担重量を「別定重量」から「ハンデキャップ」に再度変更。
  • 2012年 - 施行距離をダート1400mに変更。
  • 2020年 - 出走条件が「サラブレッド系3歳以上の東海所属馬」から「サラブレッド系4歳以上の東海所属馬」に変更。

歴代優勝馬編集

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1997年12月23日 名古屋 1600m アメージングレイス 牡6 笠松 1:42.4 安藤勝己 荒川友司 森岡一郎
第2回 1998年12月23日 名古屋 1600m マジックリボン 牝5 笠松 1:40.8 安藤光彰 荒川友司 吉田重雄
第3回 1999年12月31日 中京 1700m マジックリボン 牝6 笠松 1:46.2 安藤勝己 荒川友司 吉田重雄
第4回 2000年12月31日 中京 1700m ブラウンシャトレー 牡3 愛知 1:48.1 安部幸夫 国光徹 小島史代
第5回 2001年12月31日 中京 1700m ブラウンライアン 牡3 愛知 1:47.6 兒島真二 国光徹 小島學
第6回 2002年12月31日 名古屋 1900m サンキューホーラー 騸7 愛知 2:02.8 丸野勝虎 本名信行 松坂記吉
第7回 2003年12月31日 名古屋 1900m マルカセンリョウ 牡5 愛知 2:01.9 吉田稔 瀬戸口悟 大西和子
第8回 2005年1月4日 名古屋 1900m レイナワルツ 牝5 愛知 2:01.7 兒島真二 瀬戸口悟 林進
第9回 2006年1月1日 名古屋 1900m レイナワルツ 牝6 愛知 2:04.2 兒島真二 瀬戸口悟 林進
第10回 2007年1月3日 名古屋 1900m レイナワルツ 牝7 愛知 2:04.4 兒島真二 瀬戸口悟 林進
第11回 2008年1月3日 名古屋 1900m レオカーディナル 牡8 愛知 2:06.0 岡部誠 藤ヶ崎一人 小菅誠
第12回 2009年1月3日 名古屋 1900m ムーンバレイ 牡8 愛知 2:05.6 吉田稔 角田輝也 後藤繁樹
第13回 2010年1月3日 名古屋 1900m マイネルアラバンサ 牡7 愛知 2:04.4 岡部誠 荒巻透 玉田博志
第14回 2011年1月4日 名古屋 1600m キングスゾーン 牡9 愛知 1:42.3 安部幸夫 原口次夫 杉本伸彦
第15回 2012年1月7日 名古屋 1400m スウィングダンス 牝5 愛知 1:28.9 小山信行 瀬戸口悟 瀬戸口勉
第16回 2013年1月4日 名古屋 1400m クイックスター 牡5 愛知 1:27.5 戸部尚実 川西毅 白井岳
第17回 2014年1月4日 名古屋 1400m サイモンロード 牡6 愛知 1:27.8 丸野勝虎 角田輝也 澤田昭紀
第18回 2015年1月3日 名古屋 1400m サイモンロード 騸7 愛知 1:27.0 丸野勝虎 角田輝也 澤田昭紀
第19回 2016年1月3日 名古屋 1400m ドナルトソン 牡5 愛知 1:29.7 山田祥雄 荒巻透 和田博美
第20回 2017年1月3日 名古屋 1400m カツゲキキトキト 牡4 愛知 1:28.7 大畑雅章 錦見勇夫 野々垣正義
第21回 2018年1月3日 名古屋 1400m サンデンバロン 牡6 愛知 1:29.2 丹羽克輝 塚田隆男 山田春枝
第22回 2019年1月4日 名古屋 1400m カツゲキキトキト 牡6 愛知 1:27.6 大畑雅章 錦見勇夫 野々垣正義

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 名古屋競馬番組要綱・賞金等支給基準(平成30年度)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年1月1日閲覧。
  2. ^ 平成30年度 第22回 名古屋競馬番組新春シリーズ (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年1月1日閲覧。

各回競走結果の出典編集