名鉄ワ200形貨車(めいてつワ200がたかしゃ)とは、かつて名古屋鉄道で運用されていた木造貨車有蓋車)である。

名鉄ワ200形貨車
基本情報
車種 有蓋車
運用者 名古屋鉄道
所有者 名古屋鉄道
改造年 1941年昭和16年)
改造数 13両
消滅 1968年(昭和43年)
主要諸元
車体色
軌間 1,067 mm
全長 6,274 mm
全幅 2,540 mm
全高 3,080 mm
荷重 6 t - 8 t
実容積 16.11 m3 - 21.3 m3
自重 5.0 t - 5.73 t
換算両数 積車 1.2
換算両数 空車 0.6
軸距 2,438 mm - 3,048 mm
備考 要目はワ210 - ワ213のもの
テンプレートを表示

概要編集

  • 1941年(昭和16年)に明治から大正にかけて製造された旧・尾西鉄道の貨車で、車体更新をおこなっていない6 t - 8 t 積木造有蓋車13両を1形式としてまとめたものである。そのため、製造会社も日本車輌製造鉄道車両製造所、名古屋電車製作所、松井自動車工作所などまちまちであり、寸法、自重、荷重なども異なる。
  • 1944年(昭和19年)5月[1]、軍需輸送の増加による電車不足のため、4両(ワ204 - ワ207)を自社で付随車に改造、サ40形(サ41 - サ44)として竣工する。
  • サ40形は1947年(昭和22年)[2]に貨車に再改造し、翌年に廃車となる[3]
  • 戦後は東部線西部線瀬戸線で運用され、一部は事故復旧車として新川工場那加分工場喜多山工場小牧車庫などに配置された。1968年(昭和43年)に形式消滅となった。

番号対比編集

名鉄番号 旧尾西鉄道番号 付随車化後の番号
ワ201 ワ36
ワ202 ワ38
ワ203 ワ31
ワ204 ワ48 サ41
ワ205 ワ62 サ42
ワ206 ワ16 サ43
ワ207 ワ15 サ44
ワ208 ワ28
ワ209 ワ29
ワ210 ワ7
ワ211 ワ11
ワ212 ワ6
ワ213 ワ2

脚注編集

  1. ^ 名古屋鉄道車両史 上巻p.139による。名古屋鉄道の貨物輸送p.229では1943年(昭和18年)。
  2. ^ 名古屋鉄道車両史 上巻p.139による。名古屋鉄道の貨物輸送p.229では1948年(昭和23年)。
  3. ^ 名古屋鉄道車両史 上巻p.139による。名古屋鉄道の貨物輸送p.253の貨車配置一覧表(昭和30年6月1日現在)ではサ40に該当するワ204 - ワ207は配置となっている。

参考文献編集

  • 清水武・田中義人・澤内一晃 『名古屋鉄道の貨物輸送』フォトパブリッシング、2021年。ISBN 978-4-8021-3270-1 
  • 清水武、田中義人 『名古屋鉄道車両史 上巻』アルファベータブックス、2019年。ISBN 978-4865988475