メインメニューを開く

君島 八郎(きみしま はちろう、1876年明治9年)12月28日 - 1955年昭和30年)10月14日)は、日本の土木工学者工学博士九州帝国大学教授。日本における道路研究の先駆者[1]であり、その著書『君島大測量学』と『河海工学』は戦前土木名著100書に選ばれている[2]

君島 八郎
Kimishima Hachiro.jpg
生誕 1876年12月28日
福島県若松町
死没 (1955-10-14) 1955年10月14日(78歳没)
福岡県箱崎町
出身校 東京帝国大学工学部
職業 九州帝国大学工学部長

目次

生涯編集

福島県若松町に生まれ、1895年(明治28年)会津中学を一回生として卒業する[* 1]松江春次森俊六郎平石弁蔵らが同級生で、特選生として野口英世が通学しており、のちに留学先で再会[3]している。二高第二部工科を首席[4]で、1901年(明治34年)には東京帝国大学を19名中首席で卒業した[5]

大学院在学中に『道路学一斑』を著し、母校の講師や助教授独国仏国米国での留学[3]を経て、1911年(明治44年)、新設された九州帝国大学の工学部教授に就任。大学では河川工学港湾工学を担当し、1929年(昭和4年)には工学部長に選任された。1935年(昭和10年)に退官し、名誉教授の称号を授与されている[6]

大学外においては北九州各市の顧問として都市計画上下水道港湾建設に貢献[6]1950年(昭和30年)には土木学会名誉員に選ばれた。著書の『君島測量学』、『君島大測量学』は当時の日本測量技術者の必備の書であった[6]会津会会員[7]

著書など

栄典編集

脚注編集

注釈
  1. ^ 君島は入学から卒業まで首席を通し、二高には無試験合格である(塩谷七重郎『松江春次伝』歴史春秋社、56頁)。同期の森俊六郎は二高第一部法科の首席卒業生であった。
出典
  1. ^ 小林丈一 文献でみる日本における街路樹の受容と展開 (PDF)”. 東北公益文科大学総合研究論集17. 2012年7月18日閲覧。
  2. ^ 戦前土木名著100書”. 土木学会付属土木図書館. 2012年7月18日閲覧。
  3. ^ a b みんゆうNet”. 2012年7月18日閲覧。
  4. ^ 『第二高等学校一覧 自大正11年至12年』184頁
  5. ^ 東京帝国大学『東京帝国大学卒業生氏名録』、1926年
  6. ^ a b c 故 名誉員 工学博士 君島八郎君略歴 (PDF)”. 土木学会会誌. 2012年7月18日閲覧。
  7. ^ 『会津会雑誌第61号』1937年
  8. ^ 『官報』第1317号「叙任及辞令」1931年5月23日。

参考文献編集

外部リンク編集