メインメニューを開く

松平 保男(まつだいら もりお、1878年明治11年)12月6日 - 1944年昭和19年)1月19日)は、会津松平家の12代目当主で雍仁親王妃勢津子の養父。日本海軍軍人として日本海海戦に参戦し、最終階級は海軍少将[2]。また貴族院議員を務めた政治家でもある[2]。会津会総裁、稚松会総裁。位階勲等功級爵位は、正三位勲二等功五級子爵[2]。霊号は海誠霊神。

松平 保男
Morio Matsudaira.jpg
大尉時代
生誕 1878年12月6日
大日本帝国の旗 大日本帝国 東京
死没 (1944-01-19) 1944年1月19日(65歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 東京
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1902年 - 1925年
最終階級 海軍少将
除隊後 帝国水難救済会副会長[1]
貴族院議員
会津会総裁
稚松会総裁
テンプレートを表示

目次

生涯編集

経歴編集

会津藩主・松平容保の七男。生母は容保の側室・佐久、妻は駿河国沼津藩主・水野忠敬の娘進子。1900年(明治33年)12月、海軍兵学校28期)を卒業。1902年(明治35年)1月、海軍少尉に任官し横須賀水雷団第1水雷艇隊付となり、日露戦争に出征。1905年(明治38年)1月、海軍大尉に昇進し「鎮遠分隊長として日本海海戦に参戦した。1910年(明治43年)6月、長兄の松平容大の死去に伴い、子女がいなかった容大の子爵位を継承。

 
艦長を務めた巡洋戦艦・伊吹

兵科将校としての専門は砲術で砲術長や海軍砲術学校教官などを務め、1910年(明治43年)12月少佐1916年(大正5年)12月中佐へ進級。戦艦の副長職にあった際、持病であった耳疾が悪化し、一時待命となり治療に専念[3]。軽快後海軍省出仕として復帰した。1920年(大正9年)12月大佐に進級。戦艦「伊吹艦長、兼「摂津」艦長、呉鎮守府付(簡閲点呼執行官)、横須賀海兵団長を歴任。1925年(大正14年)12月1日、海軍少将に昇進し、同月15日、予備役に編入された。1927年(昭和2年)7月から死去まで貴族院子爵議員となり、研究会に所属した。

兄・恒雄の娘・勢津子(節子)と秩父宮雍仁親王の婚約の際、恒雄は平民籍であったため、勢津子は爵位を継いでいた保男の養女となる。1928年(昭和3年)9月に行われた婚儀では、東京市小石川区小日向第六天町(現在の東京都文京区春日二丁目)の自邸から勢津子を送り出している。

日ごろ頑健であったが、発病後間もなく急逝した。東京での葬儀に際し、兵学校同期生の永野修身が葬儀委員長、左近司政三が葬儀委員となり、旧臣の子孫柴五郎三淵忠彦松江春次らが役員に名を連ねている[4]。なお、旧領若松市においても葬儀が行われた。

他の補職編集

栄典編集

親族編集

 
婚儀当日の秩父宮夫妻

会津会編集

会津会は1912年(明治45年)4月に設立された、会津地方出身者及び縁故のある個人で構成される団体である。松平が総裁、兄の健雄、英夫、恒雄が副総裁に就任し、松平子爵邸に本部を設けた。会の目的は同邸での会合、会報の発行などを行い、会員の親睦を図ることであった。松平の死後は恒雄が総裁に就任した。 戦前の主な会員は次の通りである。

  1. 官界 池上四郎石塚英蔵大久保偵次大島破竹郎小原直加藤祐三郎河原田稼吉神田重雄日下巌(大審院判事)、日下義雄黒河内四郎小山知一小松緑斎藤良衛佐藤正俊辰野宗義高野源進馬場愿治新妻駒五郎西川鉄次郎丹羽七郎林権助平田紀一三淵忠彦森俊六郎村井八郎柳澤健山川建
  2. 政界(衆議院議員) 荒木武行石川淳片桐酉次郎柴四朗中野寅吉八田宗吉林平馬廣澤辨二町野武馬丸山芳介渡部鼎
  3. 財界 赤羽克己大島清西武鉄道社長)、小野木源次郎加藤寛六郎川井源八三菱電機社長)、小日山直登笹原辰太郎佐藤勇太郎下坂藤太郎白井新太郎鈴木寅彦中野友禮橋爪捨三郎鐘紡副社長)、前田二平(山叶商会(新光証券の前身)社長)、松江春次
  4. 学界山川健次郎 (帝大総長)小西重直新城新蔵(帝大教授)高嶺俊夫野口尚一(工学院大学初代学長)、山川洵斎藤常三郎深田康算松本信一君島八郎植村恒三郎本名文任(学校長)相田泰三本荘高等女学校)、井深梶之助大竹多氣太田悌蔵法政二高)、加藤利吉仙台育英)、佐藤義長長岡寛統六高)、山川黙結城朝恭名古屋高工
  5. その他 梶原景清(梶原平馬山川二葉の長男、海軍軍医大佐)、春日部たすく新城和一関場不二彦中田章丹羽五郎野口英世蓮沼門三長谷川太一郎花見朔巳平石弁蔵本多修郎松田甲山口喜一町野主水高木盛之輔飯沼貞吉など[7]

会員の大部分は男性であったが、看護婦会長を務める女性なども加入している。下記の稚松会会員は概ね双方に属していた[注釈 1]。戦後は総裁から会長に制度を改め、会長には飯沼一省星野喜代治柏村毅東急専務)、鈴木勝川島廣守が就任している[8]松平勇雄松平一郎は名誉会員[9]井深大大平善梧は顧問であった。なお前掲の松平の肖像は会報第1号の巻頭写真である[10]

稚松会編集

稚松会は1912年(明治45年)3月に設立され1926年(大正15年)に認可を受けた財団法人である。会名の"稚松"は会津藩の本城があった"若松"を意味し、幼い松が大木となることを寓意して、後進の成長を願ったのである。前身は山川浩が組織した「軍人団話会」や渡部鼎が組織した「同志会」で、総裁には会津松平家当主を戴く規定になっており、本部を東京の松平子爵邸に、支部を若松に設けた。会員は任意の旧会津藩領出身者及び旧会津藩に由緒のある陸海軍高等武官で、軍学校に教官として在籍するものが委員を務めていた。

会員は月給の100分の1(時期によって異動あり)を納め親睦を図るほか、会津中学喜多方中学在校生などから軍学校への志願者を勧誘し、受験対策を行うなど後進の育成にあたった。またこの学力増進策によって、旧制高校などへ進学するものもいた。 設立時の正規会員は190余名である。軍学校への志願者が「ほぼ皆無」といわれたほど激減していた時期もあったが、1937年(昭和12年)12月時点で軍学校に在籍する将校生徒は47名である[11]。内訳は、出身中学が会津中学31名、喜多方中学6名、その他は福島県外の中学出身で、在籍校は東京陸軍予科士官学校25名、陸軍士官学校本科15名、陸軍経理学校2名、海軍兵学校6名であった。1945年(昭和20年)の解散時における会員数は「約700名に達せり」である[12]

会員には旧斗南藩領出身の者もいた。日本海海戦戦艦砲術長を務めた和田幸次郎や、第一次世界大戦第一南遣枝隊機関長を務めた大沼龍太郎などである。ただし、直接の出身地を問わず、入会資格を有する人物のすべてが入会していたわけではない。太平洋戦争期であれば、師団長、軍令部課長、警備隊司令の役職にあった中将、少将、大佐は非入会であり、この三名は会津会にも加入していない。ただしその兄弟は会津会や稚松会の会員である事例もあった。

なお各界で立身した人物たちを中心に、経済的な面から会を支える賛助員の制度が設けられていた。賛助員には上記の池上、石塚、日下(義)、鈴木、下坂、辰野、橋爪、前田、松江、森のほか、神戸で海運業を営んだ佐藤勇太郎、会津会で主要な役割を担った澤全雄(大日本製糖技師長)、 鳥羽・伏見の戦いで討死した大砲隊頭林権助安定白井五郎太夫の直系子孫である林権助白井新太郎や、避戦派の藩士であった河原善左衛門の息子である河原勝治(日本郵船船長)、藩勘定頭であった赤羽治平の息子である赤羽克己[13]もいる。山田英夫は会員かつ賛助員であった。

財団の残余財産は主として南満州鉄道の社債で、会津中学、喜多方中学の後援会に移管された。

 
初代会長 出羽重遠
組織
  1. 元帥 畑俊六
  2. 大将 畑英太郎西義一
  3. 中将 芳賀栄次郎野口坤之鈴木一馬横山勇新妻雄井深健次佐藤勇助野田清高橋伊望樋口修一郎原田覚
  4. 少将 松江豊寿奥田重栄黒河内信次小山満雄武川寿輔石井常造秋月胤逸日下操佐藤直高山輝義三ツ木秀治柴平四郎野澤北地庄司巽簗瀬真琴平向九十九佐藤脩雪下勝美美濃部貞功鹿目善輔柏崎治連合艦隊軍医長)、荒川信(連合艦隊主計長)
  5. 佐尉官 町野武馬藁谷勇三郎芳賀信政大塚寅雄名越透加藤丈夫太平洋戦争開戦時の参謀本部英米班長)、柴有時平石弁蔵花見侃(戦後陸将)、星半三郎片桐酉次郎国府尽平花見弘平折笠重康草刈英治相田俊二(海兵61期首席)、高畑辰雄
  6. 満州国陸軍中将 藤井重郎和田勁

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 例えば木田達彦海軍大佐(旧姓山田)は会津会の会員であるが、稚松会の会員ではない。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『大衆人事録 東京篇』
  2. ^ a b c 『官報』 第5105号 1944年1月22日 「貴族院 議員薨去及弔辞」
  3. ^ 会津会会報第14号
  4. ^ 会津史談会報第24号
  5. ^ 会津会会報第3号
  6. ^ 『官報』第891号「叙任及辞令」1915年7月21日。
  7. ^ 会津会会報 第17号
  8. ^ 福島民報 会津会百年(2012年3月1日-3月5日) (PDF)”. みやぎ会津会. 2012年8月28日閲覧。
  9. ^ 『会津会会報第61号』1950年
  10. ^ 会津会会報第1号
  11. ^ 財団法人稚松会名簿
  12. ^ 『福島県立会津高等学校創立70周年記念誌』pp.43-44
  13. ^ 稚松会会誌第19号

参考文献編集

  • 会津会『会津会会報』第1号、3号、9号、14号、19号
  • 会津会『会津会雑誌』第51号、1937年
  • 会津史談会編『会津史談 創刊号-第24号』会津史談復刻刊行会
  1. 「会津史談会報 第24号」
  1. 「雍仁親王殿結婚の礼行はれ候節供奉近衛将校以下差出の件」(ref:C01006106300)
  2. 「呉鎮守府(2)」(ref:C08050870700)
  3. 「呉鎮守府(4)」(ref:C08050870900)
  • 財団法人稚松会名簿
  • 貴族院『貴族院議員名簿』、1944年。
  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争』光人社NF文庫 ISBN 978-4-7698-2009-3
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版 ISBN 4-8295-0003-4
  • 帝国秘密探偵社編纂部『大衆人事録 東京篇』第13版、1939年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第10巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 福島県立会津高等学校創立70周年記念誌、1960年。
日本の爵位
先代:
松平容大
子爵
(会津)松平家第2代
1910年 - 1944年
次代:
松平保定