メインメニューを開く
本来の表記は「呂齮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

呂 齮(りょ ぎ、生没年不詳)は、末の武将で、南陽郡郡守をつとめた。『史記』高祖本紀、曹相国世家、樊酈滕灌列伝では「南陽郡守の齮」とのみ述べられている。

紀元前207年夏6月に、の別働隊の総大将である劉邦張良を参謀に迎えて、陽城を攻略した。

呂齮は陽城の東方で劉邦の武将曹参と戦って、敗れてに逃れた。劉邦は宛を放棄してそのまま関中に進撃しようとしたが、張良に諫められて未明に宛に迫ってこれを三重に包囲した。

これを見た呂齮は、驚愕して自害しようとしたが、舎人の陳恢に諫められて取りやめた。陳恢は劉邦の陣営に訪れて、和議を申し渡して、劉邦はこれを受け容れたために、呂齮は城門を開いて劉邦一行を迎え入れた。

劉邦は、呂齮を殷侯に封じて、陳恢に対しても千戸の領主に封じて、そのまま関中に西進した。

参照文献編集