呂 祖倹(りょ そけん、? - 慶元2年(1196年))は、南宋の政治家・儒学者。子約。呂大器の子で呂祖謙の弟。子に呂喬年中国語版婺州金華県の出身。

経歴編集

兄の呂祖謙の下で学び、兄の没後に時の宰相であった周必大らに認められ、籍田令・台州通判などを歴任した。ところが、韓侂冑が政権を握り、朱熹や周必大らが追放される(「慶元の党禁」)と、追放に反対して韓侂冑の排除を求めた。そのため、慶元元年(1195年)4月に韓侂冑によって韶州に配流され、その地で死去した。著書に『大愚集』がある。

朱熹に始まる朱子学が正学とされた元代に編纂された『宋史』では、同族でやはり党禁批判で捕らえられた呂祖泰(呂祖倹の従弟)とともに「忠義伝」に加えられている。当時、無官で韓侂冑暗殺後に迪功郎(従九品)に任ぜられたに過ぎない呂祖泰が列伝に加えられているように、朱子学の儒学者やこれを支持・擁護した人々を高く評価する傾向にあった『宋史』の特徴が呂祖倹の評価にも反映されたと考えられている。

参考文献編集

  • 山内正博「呂祖倹」『アジア歴史事典 9』 平凡社、1984年
  • 衣川強「宋代の名族」『宋代官僚社会史研究』汲古書院、2006年