メインメニューを開く
本来の表記は「婺州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

婺州(むしゅう)は中国にかつて存在した州。

隋代編集

592年開皇12年)、隋朝が陳朝を平定すると婺州が新設された。607年(大業3年)、郡制施行に伴い婺州は東陽郡と改称され下部に4県を管轄した。隋朝の行政区分に関しては下表を参照。

隋朝の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
婺州 東陽郡
東陽郡 金華県 永康県
烏傷県 信安県
長山県 太末県 建徳県 豊安県
永康県 烏傷県 信安県 定陽県

注釈編集