メインメニューを開く
本来の表記は「呉芮」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

呉 芮(ご ぜい、? - 紀元前202年、在位:紀元前202年)は、末から前漢にかけての群雄。初代長沙王で、漢代初めに高祖劉邦を皇帝に推戴した異姓諸侯王のうち、趙王張耳と並んで天寿を全うして子孫に王位を伝え、長沙王はその中で最も長く続いた王となった。

略歴編集

姓名 呉芮
時代 代 - 前漢時代
生没年 生年不詳 - 前202年漢太祖1年)
字・別号 番君(綽名)
本貫・出身地等 〔不詳〕
職官 番陽県令〔秦〕→〔地方軍頭領〕
爵位・号等 衡山王〔楚〕→番君〔楚〕

→長沙王〔漢〕→長沙文王〔没後〕

陣営・所属等 〔独立勢力〕→項羽劉邦
家族・一族 子:呉臣、呉淺、孫:呉回

義理の子:英布〔娘婿〕
子孫:呉綱[1]

秦の番陽県令であり、長江・鄱陽湖一帯の人々に慕われ、「番君」と呼ばれた。陳勝・呉広の乱に始まる秦末の乱の際、英布は呉芮に従い、呉芮は自分の娘を英布の妻とし、越の人間を率いて秦への反乱に加担した。沛公劉邦が南陽を攻めた際、劉邦は呉芮の将の梅鋗と遭遇し、一緒に南陽の県を攻め落とした。

高祖元年(紀元前206年)、関中が劉邦、項羽によって落とされ秦が滅び、項羽が義帝を奉じて各地に王を立てると、越の人間を率いて功績のあった呉芮は衡山王に封じられ、梅鋗は十万戸の侯に封じられた。その後、項羽は九江王英布と衡山王呉芮に命じ、義帝を殺させた(『史記』項羽本紀)。

時期は不明だが呉芮は項羽によって衡山王を剥奪され、番君に降格された。その後、離反して劉邦に与した。英布と同時期のことであるのか、あるいは呉芮が英布を唆して劉邦陣営に付いたのかは不明だが、劉邦は呉芮の功績を高く評価している。

高祖5年(紀元前202年)、漢王劉邦が項羽を滅ぼすと、楚王韓信、韓王韓信、淮南王英布、梁王彭越、趙王張耳、燕王臧荼と共に劉邦に「皇帝」の尊号を奉った。同年、呉芮は劉邦により長沙王(異姓七王の一人)に立てられ、その年に死亡した。文王とされた。また、高祖劉邦は後に呉芮の忠を褒め称え、律令に記させている。

長沙王は子の成王呉臣が継いだ。呉臣は在位中、反乱を起こすも敗れて逃げてきた英布を殺している。その後も長沙国は劉邦が「劉氏でなければ王としない」と盟約を結んだことの例外となり、哀王呉回、共王呉右、靖王呉著と継承され、長沙国は文帝の後7年(紀元前157年)に呉著が後継ぎを残さず死亡するまで続いた。

脚注編集

  1. ^ 魏書』諸葛誕伝が引く『世語』よると、呉芮の16世孫で、諸葛誕長史を勤めたと記されている。

参考文献編集