メインメニューを開く

呉 棠(ご とう、Wu Tang1813年 - 1876年)、字は仲宣末の官僚。

安徽省明光出身。1845年挙人となった。江蘇省桃源県清河県の知県となり、山東省からの捻軍の侵入に郷勇を率いて撃退した。1853年太平天国軍が揚州を陥落させると、郷勇数万人を集めて、近隣諸県の防衛にあたった。1860年に淮徐道に任命され、長江の北で団練を組織してしばしば捻軍を破った。1861年、江寧布政使・漕運総督となり長江の北の食糧補給を担当した。この間、漕運総督府のある清江浦を修築して、捻軍からの防衛に成功している。1865年両広総督となったが捻軍に対処するために実際には就任せず、漕運総督に留まった。1866年閩浙総督に異動。

1867年四川総督となり、貴州省ミャオ族の反乱の鎮圧の助力にあたり、1871年からは成都将軍も兼任した。総督として民力休養と飢民の救済に尽力した。1875年、病で辞任。死後、勤恵の諡号が贈られた。

出典編集

先代:
王夢齢
漕運総督
1861-1865
次代:
彭玉麟
先代:
毛鴻賓
両広総督
1865
次代:
瑞麟(ジュイリン)
先代:
彭玉麟
漕運総督
1865-1866
次代:
張之万
先代:
左宗棠
閩浙総督
1866-1867
次代:
馬新貽
先代:
駱秉章
四川総督
1867-1875
次代:
文格(ウェンゲ)