呉達済(オ・ダルチェ、ご たつさい、朝鮮語: 오달제1609年 - 1637年[1])は、李氏朝鮮文臣画家本貫海州呉氏[2]

呉達済
生誕1609年
死没1637年
職業文臣
画家
呉達済
各種表記
ハングル 오달제
漢字 吳達濟
発音: オ・ダルチェ
日本語読み: ご たつさい
テンプレートを表示

1637年丙子胡乱が起きるや、洪翼漢尹集とともに、との講和に最後まで反対したため、「三学士」と呼ばれる[1]

概要編集

丙子の乱の際、呉達済は清を蛮夷だとして、主君である中華天子の忠実な諸侯として、また中華帝国のもっとも忠実な模範属国として、に誠心誠意仕えることを主張し、最後まで主戦論を主張した[3]1637年1月30日仁祖漢江南岸の三田洞朝鮮語版にある清軍本営に出向き、設けられた受降壇で、ホンタイジ天子であることを三跪九叩頭の礼によって認めることを、臣下の面前で屈辱的におこない、臣従を誓わせられ、屈辱的な三田渡の盟約を余儀なくされると、呉達済は斥和臣として捕えられ、瀋陽に連行された[3]

瀋陽連行後、打ち首にされる[4]。享年29歳[1]

脚注編集

関連項目編集