メインメニューを開く
中華思想の世界観

四夷(しい)あるいは夷狄(いてき)は、古代中国中華に対して四方に居住していた異民族に対する総称(蔑称)である。

古代中国において、異民族の支配を含め、中国大陸を制した朝廷が自らのことを「中国」、「中華」と呼んだ。また、中華の四方に居住し、朝廷に帰順しない周辺民族を

と呼び、「四夷」あるいは「夷狄」(いてき)と総称した。

夷狄とは中華思想における支配民族(漢民族漢人とは限らない)による異民族への蔑称を意味する。夷狄戎蛮(いてきじゅうばん)や戎狄(じゅうてき)、蛮夷(ばんい)とも呼ばれた。

中華(華の中)に対し、夷狄は外世界(華の外)を指す言葉で、未開・野蛮を意味する。したがって19世紀になるまで中華非中華である夷狄との間に対等な外交貿易は存在せず、朝貢と呼ばれる従属関係のみが結ばれた。

  • 四夷は漢民族(漢人)側から周辺の他民族への呼び名(蔑称)とするのが一般的だが、近年の研究(謝小東遺伝子調査を含める)の結果、これまで考えられてきた漢民族の定義自体が名目上(中国的正統主義による考え)であった可能性が出てきている。

古代文明の進化の差異や朝廷に帰順しない周辺民族から絶えずに攻撃や略奪を受けたことから、これらの呼称に蔑んだ意味を込めたが、現代中国では学術的以外これらの言葉は死語になっている。

  • 周辺民族から絶えず攻撃や略奪を受けていたとする解釈は必ずしも適切ではなく、中華を名乗る側(必ずしも漢民族ではない)も領土拡大に目的に周辺地域への侵略行為を繰り返してきた事実がある。古代漢民族の支配していた中原と呼ばれる地域も、現在の中国河南省および山西省南部などを含めた範囲に限られており、農耕民族である彼等が奪った牧草地を掘り起こすことで砂漠化が促進されたとも言われている。
  • 夷狄と蔑視された非中華の国や民族も独自の文化を築いており、必ずしも中華文明とに優劣があったとは言えない。あくまでも中華側の価値観で見た区別または差別である。
  • 歴史上多くの他民族(夷狄)が進出して王朝を築いたため、実際には中華文明自体が非中華(夷狄)の影響を受けている。
  • 歴史的にも稲作、仏教、鉄器、鐙、胡服から始まる服装など、様々な四夷文化(非中華)が持ち込まれており、文化や宗教価値観(道教含む)などを含めて多くの面で影響を受けているのも事実である。


目次

『中華』と『支那』の呼称問題編集

  • 思想的な意味合いをもつ『中華』の呼称を使う以上、非中華である物は全て野蛮を意味する夷や蛮となる。

司馬遼太郎は著書『この国のかたち』の中で「大衆食堂などに入って、軽々に、『冷やし中華』などというべきではない。『華』とは文明という字義で、意味が重い。げんに中国人は、みずからを華人という。文明人のことである。他に用例として、中華人民共和国、中華民国という国名がある。中華とは、宇宙唯一の文明ということである」と記述する[1]

  • (以上のことから思想言葉である中華を使うのであれば、例えば中華料理と呼ぶのであれば、他の料理は全て野蛮料理になり、中華街と呼ぶのであれば、その周囲の街は野蛮街になる)
  • その一方で、シナ(支那)と呼ぶことにも問題があるとする意見がある。しかし「チャイナ」と「支那」は同語源であり、差別的な意味ではない。支那の語源は「秦(チン)」(始皇帝の国)による。中国では歴史上、王朝が変わると国号自体ががらりと変わるが、ほかの国では、そのようなことがそれほど多くない。だから秦が滅びた後も、周辺の諸民族は、「あの国はチンだ」と呼び続けた。やがてインド、ペルシャ、アラビアなどでも中国を「秦」系統の言葉で呼ぶようになる(「チーン」、「チーナ」、「シーナ」)[2]。さらに仏典にも中国を指す国名として「チーナ」が登場した(仏教はシルクロード経由などで中国にも伝来。おおむね後漢の頃とされる)。その後、中国は懸命に仏典の漢訳に取り組み、「チーナ」に「支那」の字を当てた。その他にも「脂那」や「至那」の文字も使われた。また、インドの言葉で「秦国」をあらわした「チーナスターナ」という言葉は、「震旦」、「真丹」などと漢字化された。仏典の漢訳には中国人僧だけでく、シルクロード諸国やインド出身の僧も多数、参加していたため、「支那」の字を考えついたのは中国人とはかぎらない。ただし、「漢訳仏典」が中国社会で受け入れられたのは事実であり、咎められることはなかった[2]
  • 日本(主に明治政府以降)でも「国外では“唐土”のことをチーナと呼ばれている」と知り、その一方で、仏典の中に「支那」という言葉を発見することで、「チーナ」=「支那」と理解し、当時は欧米語の固有名詞は漢字で表記するのが一般的だったため「チーナ」を「支那」と書くようになった。「チーナ」はもちろん、英語の「チャイナ」の語源であり、逆に言えば「チャイナ」は「チーナ」の英語版である。自分たち(英語圏)の言葉で発音しやすいよう、使いやすいよう、形を少々変えただけあり、日本語で「支那」を使うようになった経緯と同じ構造である。もし「支那」を禁止するなら、「チャイナ」も禁止してもらわないと理屈が合わない。日本人に対して「支那」とは言ってほしくないと主張するなら、『中華』は英語国名も通称は「Zhongguo」であり、正式国名も「People’s Republic of Zhonghua」としなければ(国際法上)おかしい[2]
  • 『支那』が差別語だと勘違いされた可能性の1つに、戦時中の中国人が日本を蔑視して『倭』と呼んでいたため、「日本人も自分達を差別して『支那』を使ったのに違いない」という思いこみの可能性がある。
  • 『倭』の文字が使われ出した時代の辞書(中国最古の辞書)に相当する『説文解字』では、『倭』の意味を「順ナルカタチ。人二シタガフ。委声」と記す[3]。これは「よく順(したが)う人」の意味から「よく言うことをきく人、純粋(純朴)な人」を意味しているが[1]、同音異語である『矮』(矢編は弓を連想させ、弦が引かれて曲がっているイメージがある)としばしば混同され、チビを意味する蔑視した言葉として使われてきた[3]。司馬遼太郎は陳舜臣との対談の中で、朝鮮では「倭奴」などと呼んでいたが、「日中戦争のときに、中国側の新聞は『倭軍、何とかに上陸』とか、書いた」(司馬)「倭寇とよんでいた」(陳)と述べている[4]


日本での中国呼称の変化編集

  • 江戸時代まで、日本では一般に中国を『(から)・唐土(もろこし)』などと呼んでいたが(例として唐物唐染め唐屋敷など)、明治時代に入ると、他国が(中国を)チーナと呼んでいることに加えて、仏典などでも支那と記されていること、さらに清朝を否定する中国人革命家達の運動によって、『支那』の呼び名が広まった。例えば革命に失敗して日本に亡命していた宗教仁は、東京で機関誌「二十世紀之支那」を発行し、同じく日本に亡命して後に中華民国を建国した革命家の孫文も1914年、首相の大隈重信に宛てた書簡の中身で、支那29回、支那革命1回、支那国民2回、支那人1回の合計34回を使用している[5]。しかし、戦後(中華民国政府の頃から)、美称である中華を使うよう日本に対して要求がされだし、やがてメディアや報道から「支那」の使用がほぼ消えていった。ただし、こうした特定の国に対してのみ国名(呼称)を強要する行為は国際法に問題があるとされる[2]

古代中国人の成立編集

本来の『東夷』『北狄』『西戎』『南蛮』の意味

  • 「中華(文明)は漢人によるもの」とする考え方がそもそもの間違いとされる。以下、『誰も知らなかった皇帝達の中国 岡田英弘(WAC文庫)』より。古代、洛陽盆地の東方に広がる黄河、淮河、長江の大デルタ地帯に住み、農業と漁業で生活を立て、河川と湖沼を舟をあやつって往来する人々を『夷』(い)といった。「夷」は「低」「底」と同じく「低地人」という意味で、東方の住人なので「東夷」ともいう。洛陽盆地の北方では、山西高原がモンゴル高原から南に突き出して黄河の北岸に接している。山西高原は、古くはカエデ、シナノキ、カバ、チョウセンマツ、カシ、クルミ、ニレなどの森林におおわれ、陰山山脈や大興安嶺山脈の森林に連なっていた。この森林地帯に住む狩猟民は、毛皮や高麗人参を平原の農耕民にもたらし、農産物を手に入れる交易を行っていた。この狩猟民を『狄』(てき)と言った。「狄」は交易の「易」と同じ意味で、北方の住民なので「北狄」ともいう。洛陽盆地の西方の、甘粛省南部の草原に住んでいた遊牧民は、平原の農耕民のところへ羊毛をもってやって来た。かれらは『戎』(じゅう)といった。「戎」は「絨」と同じく羊毛という意味で、西方の住人なので「西戎」ともいう。洛陽盆地の南方の山岳地帯には、焼き畑を耕す農耕民が住んでいた。かれを『蛮』(ばん)といった。「蛮」はかれらの言葉で人という意味で、南方の住人なので「南蛮」ともいう[6]
  • これらの生活形態の異なった人たち(『東夷人』『北狄人』『西戎人』『南蛮人』)は、定期的に交易のために集まり、かれらの生活圏であった境の洛陽盆地やその周辺で互いに接触した。やがて、この人たちが交易を行う場所に都市が発生したとされ、彼らが混ざり合って古代中国人の起源になった。黄河流域で最初に勢力をふるった「国」は『夏』である。夏人は、東南アジア系の文化をもった東夷で、内陸の水路をさかのぼってやってきて、河南省の黄河中流域に伝説の残る最古の王権を建てた。「夏」は「賈」や「価」と同じ意味で、夏人は「商人」を意味した。夏を征服して黄河流域に新しい王権を打ち立てたのが、北方の森林地帯から親友した狩猟民(北狄)の殷人であった。個人とその同盟種族は黄河流域の諸都市を支配し、その城壁の中では東夷系、北狄系、西戎系の人々が入り交じっていた。周人よりさらにおくれて、西方から隴西省に入ってきた遊牧民が秦人である。これに対して、長江中流域の湖北省には、山地の焼畑農耕民(南蛮)出身の楚人が王国を建て、長江、淮河流域を支配して黄河流域の諸国と争った。かれらが中国人の先祖となった人々である[6]


関連項目編集

  • ^ a b 『この国のかたち』司馬遼太郎(文春文庫)
  • ^ a b c d 『日中勘違い:「支那」という言葉について考える』鈴木秀明
  • ^ a b 『韓のくに紀行』(街道をゆく2)司馬遼太郎(朝日文芸社)
  • ^ 『対談中国を考える』司馬遼太郎、陳舜臣(文春文庫)
  • ^ 『日中勘違い:「支那」という言葉について考える』鈴木秀明サーチナ
  • ^ a b 『誰も知らなかった皇帝達の中国』岡田英弘(WAC文庫)