メインメニューを開く

和歌山県立医科大学看護短期大学部

和歌山県立医科大学看護短期大学部(わかやまけんりついかだいがくかんごたんきだいがくぶ、英語: Nursing College,Wakayama Medical University)は、和歌山県和歌山市三葛580に本部を置いていた日本公立大学である。1996年に設置され、2007年に廃止された。大学の略称は看短。学生募集は2003年度まで。2004年度より保健看護学部への移行により看護短期大学は2007年6月11日廃止[1]

和歌山県立医科大学看護短期大学部
大学設置/創立 1996年
廃止 2007年
学校種別 公立
本部所在地 和歌山県和歌山市三葛580
学部 看護学科
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部は1996年に設置された日本公立短期大学。1学科のみの単科短大で、入学定員は80名となっていた。

教育および研究編集

学風および特色編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部の設置目的は「看護に関する高度な専門的知識と技術を教授研究し、保健・医療・福祉の向上に寄与する豊かな人間性と教養を備えた、資質の高い人材を育成する」となっていた。
  • 医学部に併設されていたが医科大学とは別の場所に短大独自のキャンパスがあった。

沿革編集

  • 1996年 和歌山県立医科大学看護短期大学部開学。看護学科を置く。当初は75人(うち男子1)が在籍している。[2]
  • 2003年 最後の学生募集となる。翌年度より保健看護学部看護学科に移行。
  • 2007年 閉学となる[1]

基礎データ編集

所在地編集

  • 和歌山県和歌山市三葛580

象徴編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部のカレッジマークはチョウセンアサガオをイメージしており、このデザインをモチーフとしてその中央に「Nursing College」の文字が記されていた。ちなみに、チョウセンアサガオは別名「まんだらげ」と呼ばれこの絵は陶芸家である富本憲吉の作で、元は1963年に開催された医学会総会のために描かれたものとなっていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 看護学科

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

  • 看護師受験資格が得られるシステムとなっていた。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部で活動していたクラブ活動

学園祭編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部の学園祭は単に「短大祭」と呼ばれていた。模擬店ほか、保育園の園児による絵画作品の展示も行われていた。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 設備
    • 図書館棟
    • 体育館棟
    • 管理・校舎棟:4F建てとなっていた。

学生食堂編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部の学生食堂(学食)は管理・校舎棟の1Fにあった。

編集

  • 和歌山県立医科大学看護短期大学部には学生寮はなく、遠隔地出身者はアパートを利用することになっていた。

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

参考文献編集

関連項目編集

関連サイト編集

脚注編集

外部リンク編集