和田 幹男(わだ みきお、1938年4月26日 - )は、日本カトリック教会司祭英知大学大学院人文科学研究科教授を務めた。現在、大阪大司教区カトリック関目教会主任司祭。

和田 幹男
司祭
教会 カトリック教会
他の役職 神学者聖書学者
個人情報
別名 パウロ三木(洗礼名)
出生 (1938-04-26) 1938年4月26日(84歳)
日本の旗 日本神戸市
テンプレートを表示

生い立ち編集

宣教師に仕える伝道士の子として、神戸市に生まれる。4月29日幼児洗礼。霊名はパウロ三木である。

学生時代編集

1961年上智大学文学部哲学科卒業。1963年上智大学大学院哲学研究科修了。教皇庁立プロパガンダ・フィデ神学校、教皇庁立ウルバノ大学神学部入学。教皇パウロ6世により司祭に叙階された。1971年教皇庁立聖書研究所聖書学部卒業。

司牧編集

1972年4月英知大学文学部神学科講師となる。同年から1987年まで新共同訳聖書旧約聖書の翻訳作業。1974年英知大学文学部神学科助教授となる。1975年尼崎教会助任司祭。1980年東京カトリック神学院モデラトール。1982年英知大学教授。1995年岡山ノートルダム清心女子大学大学院嘱託講師。2005年カトリック箕面教会主任司祭。2013年カトリック関目教会主任司祭(大阪梅田ブロック共同宣教チーム担当司祭)

『私たちにとって聖書とは何なのか』は、カトリック新聞に連載されたもので、カトリックの聖書霊感論の歴史を辿っている。

2000年8月6日御変容の祝日の教皇庁教理省宣言『ドミヌス・イエズス-イエス・キリストと教会の救いの唯一性と普遍性について-』[1]について、カトリック中央協議会世界教会協議会(WCC)は抜粋しか公開しておらず、WCCの抜粋はエキュメニズムを強調しているが、エキュメニズムは宣言の中心的メッセージではないため、全文翻訳をWebに公開している。[2]

著書編集

  • 聖書学論集(日本聖書学研究所 山本書店 1981年)
  • 聖書Q&A 旧約編(女子パウロ会 1988年)
  • 聖書Q&A(女子パウロ会 1990年)
  • 聖書年表・聖書地図(女子パウロ会 1989年)
  • 聖パウロ(女子パウロ会 1996年)
  • 宣言主イエス(教皇庁教理省 カトリック中央協議会 2006年)
  • 創世記を読む(筑摩書房(こころの本) 1990年)
  • 私たちにとって聖書とは何なのか―現代カトリック聖書霊感論序説(女子パウロ会 1986年)

脚注編集

  1. ^ 教皇庁教理省宣言『ドミヌス・イエズス』翻訳
  2. ^ 『ドミヌス・イエズス』概説

外部リンク編集