和田 業繁(わだ なりしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上野国群馬郡和田郷(現・高崎市)の国衆和田城主。

 
和田 業繁
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正3年5月21日1575年6月29日
別名 八郎、右兵衛大夫
主君 上杉憲政北条氏康上杉謙信武田信玄勝頼
氏族 和田氏
父母 父:和田信景?、母:長野憲業娘(長野業正妹)
正室:長野業正娘
和田信業正室
養子:信業
テンプレートを表示

略歴編集

出自・武田氏配下以前の動向編集

和田氏山内上杉氏配下の国衆であり、伯父かつ義父である長野業正率いる箕輪長野氏の同心であった。父は天文15年(1546年)7月に戦死し、その後家督を継いだとみられる[1]。当初は関東管領上杉憲政に仕えていたが、同21年(1552年)3月に憲政が後北条氏との抗争で越後国に逃亡した後は長野業正と共に北条氏康に従った。永禄3年(1560年)8月に憲政を擁した長尾景虎(上杉謙信)が関東侵攻を開始すると箕輪長野氏と共に上杉方に従い、『関東幕注文』では箕輪衆の一員として「和田八郎」の名前で存在が確認できる[2]。この際に上杉氏に弟を人質として提出している。その後の翌4年(1561年)11月に武田氏は西上野侵攻を行い、業繁は翌5年(1562年)5月までに武田氏に従属している。

武田氏配下時の動向編集

業繁は永禄5年(1562年)12月までの間に甲府に参府し、本来は妻子・従類を信濃へ移すべきところを和田城周辺の情勢が不安定であることや和田氏そのものに被官が不足していることから老母を人質に出すことで了解を得ている[2]。『甲陽軍鑑』によると和田氏の軍役は30騎となっており上野先方衆の中では下から三番目に少なく、当初の和田城の規模も国衆としての規模も小さいものであったと考えられる。しかし和田城が上杉方の厩橋城や箕輪長野氏の箕輪城に対して最前線に位置する要地であったこともあり、信玄の支援で和田城への武田氏譜代家臣の常駐・城郭の強化・武器・食糧の充実・有事における援軍の派遣など様々な便宜が図られることになった[2]。また、上杉氏に提出した人質の弟も武田氏による人質返還交渉により帰還した。上野に度々侵攻した上杉謙信も和田城の攻略を狙い、永禄6年(1563年)閏12月から翌年4月までに断続的に攻撃を行い、同8年8月にも攻撃を行った[1]。しかし武田氏による改修により和田城が堅固なものとなったため、攻略することができなかった。永禄9年(1566年)に箕輪城が武田氏によって攻略され武田氏による西上野支配が安定すると和田城周辺の情勢も安定し、武田氏譜代家臣の常駐などの事実も見られなくなる[2]

 
君が臥床砦跡。

永禄11年(1568年)末から武田氏と後北条氏の抗争が発生すると上杉方に離反の動きをみせ[2]元亀元年(1570年)頃に謙信宛に差し出した書状も存在する。しかし結局武田氏の元に残留した。信玄が死去すると引き続き武田勝頼幕下の先方衆となり、天正2年(1574年)7月には駿河遠江方面への出陣の功賞として遠江国山口(現・掛川市)にて500貫文を与えられている[1][2]。翌3年(1575年)の長篠の戦いでは、籠城する長篠城を俯瞰できる対岸の君が臥床砦に布陣したが、5月21日、徳川方の酒井忠次の奇襲に遭遇して戦死した。跡を婿養子・信業跡部勝資の子)が継いだ。

脚注編集

  1. ^ a b c 黒田基樹「和田業繁」 『武田氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2015年。 
  2. ^ a b c d e f 黒田基樹「第三章 和田氏の研究」 『戦国大名と外様国衆 増補改訂』戎光祥出版、2015年。 

出典編集