メインメニューを開く

和田 業繁(わだ なりしげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上野国国人和田城主。

 
和田業繁
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正3年5月21日1575年6月29日
改名 八郎(幼名)→業繁
官位 右兵衛大輔
主君 上杉憲政長野業正武田信玄
氏族 上野和田氏
父母 父:和田信景?、母:長野憲業娘(長野業正妹)
正室:長野業正娘
和田信業正室
養子:信業

略歴編集

 
君が臥床砦跡。

当初は関東管領上杉憲政に仕え、憲政が甲斐武田氏後北条氏との抗争で越後国に逃亡した後は、伯父かつ義父・長野業正に従って武田信玄北条氏康と戦った。

しかし業正が死去して戦況が不利になると、永禄5年(1562年)6月に武田信玄に降伏し、その家臣となった。信玄からは上野先方衆として騎馬30騎を与えられていたという。また、信玄の支援で和田城の強化や武器・食糧の充実が図られることになった。その後は上野に侵攻する上杉謙信と戦い続けた。ただし密かに謙信と内応していたとする説があり、元亀元年(1570年)頃に謙信宛に差し出した書状も存在する。

天正3年(1575年)の長篠の戦いでは、籠城する長篠城を俯瞰できる対岸の君が臥床砦に布陣したが、5月21日、徳川方の酒井忠次の奇襲に遭遇して戦死した。跡を婿養子・信業跡部勝資の子)が継いだ。

出典編集

  • 黒田基樹「和田氏の研究」『戦国大名と外様国衆』(文献出版、1997年)ISBN 4-8305-1192-3
  • 久保田順一「和田業繁」(『戦国人名辞典』(吉川弘文館、2006年) ISBN 978-4-642-01348-2