唐津信用金庫(からつしんようきんこ)は、佐賀県唐津市に本店を置く信用金庫

唐津信用金庫
Karatsu Shinkin Bank
Karatsu Credit Association Headoffice.jpg
唐津信用金庫 本店(2010年1月)
種類 信用金庫
本店所在地 日本の旗 日本
847-0012
佐賀県唐津市大名小路310番地の35
設立 1929年9月
有限責任唐津町信用販売購買組合
業種 金融業
法人番号 5300005005208 ウィキデータを編集
金融機関コード 1930
事業内容 協同組織金融機関
代表者 落合正利(理事長)
資本金 2億3,400万円(出資金)
経常利益 1億3,423万2,000円
純利益 1億3,165万5,000円
純資産 32億4,700万円
総資産 884億1,800万円
従業員数 93名
支店舗数 8店舗(本支店)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
外部リンク 唐津信用金庫
特記事項:2019年3月31日現在
テンプレートを表示
唐津信用金庫のデータ
法人番号 5300005005208 ウィキデータを編集
貸出金残高 472億8,800万円
預金残高 819億3,400万円
特記事項:
2019年3月31日現在
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1929年
    • 9月 - 産業組合法に基づく「有限責任唐津町信用販売購買組合」発起人会開催
    • 12月 - 同上設立、事務所を唐津市呉服町に置く(初代組合長 小関世男雄)
  • 1932年
    • 2月 - 事務所を朝日町(現朝日町支店所在地)に移転
    • 7月 - 販売購買部門を廃し「有限責任唐津市信用組合」に変更
  • 1933年3月 - 名称を「有限責任信用組合唐津市庶民金庫」に変更
  • 1943年8月 - 市街地信用組合法に基づく「唐津信用組合」に組織変更、同時に、事業地区を唐津市一円とする
  • 1950年4月 - 中小企業等協同組合法による信用協同組合に組織変更、名称は従前どおり、同時に事業地区を唐津市及び東松浦郡とする
  • 1951年10月 - 信用金庫法に基づき、現在の「唐津信用金庫」となる

営業地区編集

不祥事編集

2008年9月24日まで朝日町支店支店長代理を務めた人物が、顧客から延べ5,405万円(実損額1,229万円)を着服し、私的流用をしていた。着服された金は、全額弁済され9月24日に懲戒解雇されている[1][2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集