商君書』(しょうくんしょ)は、商鞅の著作と伝えられる書物。著者は不明。『商子』(しょうし)とも呼ぶ。24篇が現存する。

概要編集

史記』商君列伝賛には司馬遷が商鞅の「開塞」「耕戦」などの書物を読んだことを記す[1]。『漢書芸文志には法家に『商君』29篇があり、商鞅の書としている[2](なお、同じ芸文志の兵権謀家には「公孫鞅27篇」が見えており、これと商君29篇がどのような関係にあるかはよくわからない)。

しかし、現在の『商君書』には商鞅より後の時代の記事が見えるため、少なくとも一部分は商鞅の作ではありえない。たとえば徠民篇には襄王が見え、長平の戦いについて記しているため、昭襄王以降の時代の作である[3]。後人による偽作説もある[4]。『四庫全書総目提要』は商鞅の説をもとに後世の「法家者流」が編纂したと考えている[5]

構成編集

現行の『商君書』は5巻26篇からなるが、うち第16・21篇は中身がないため、実質24篇である。ほかに『群書治要』巻36に『商君書』六法篇からの抜粋を載せる。

  • 巻1: 更法第一 墾令第二 農戦第三 去彊第四
  • 巻2: 説民第五 算地第六 開塞第七
  • 巻3: 壱言第八 錯法第九 戦法第十 立本第十一 兵守第十二 靳令第十三 修権第十四
  • 巻4: 徠民第十五 賞刑第十七 画策第十八
  • 巻5: 境内第十九 弱民第二十 外内第二十二 君臣第二十三 禁使第二十四 慎法第二十五 定分第二十六

法の貫徹を求め、農業の振興と富国強兵を主張する。戦法・立本・兵守の3篇は兵法について述べており、他の篇とかなり異なっている。

脚注編集

  1. ^ 史記』商君列伝「太史公曰(中略)余嘗読商君開塞耕戦書、与其人行事相類。」
  2. ^ 漢書』芸文志。「商君二十九篇(名鞅、姫姓、衛後也。相秦孝公。有列伝)」
  3. ^ 好並(1992) p.241
  4. ^ 好並(1992) pp.249-250
  5. ^ 『四庫全書総目提要』巻101・子部11・法家類・『商子』5巻「殆法家者流掇鞅余論、以成是編。猶管子卒於斉桓公前、而書中屡称「桓公」耳。」

参考文献編集

  • 好並隆司『商君書研究』溪水社、1992年。ISBN 4874402607

関連文献編集

外部リンク編集