問田 隆盛(といだ たかもり、生年未詳 - 弘治3年(1557年)3月)は、戦国時代武将大内氏の家臣。通称は十郎。大蔵少輔、備中守。子に安弘(やすひろ)、弘胤(ひろたね)。

父親には諸説が多いが、大内政弘大内義興の側近として仕えた問田弘胤の孫で、問田興之(おきゆき)の子だという。大内義隆に仕えて石見国守護代を務めたが、石見国は吉見氏益田氏など国人の支配が強かったため、守護代としての力はさほどではなかった。天文20年(1551年)の陶隆房(のちの晴賢)の謀反では隆房に協力して義隆を自害に追い込み、後を継いだ大内義長に仕えた。

弘治元年(1555年)10月の厳島の戦いにも晴賢に従い参戦した。しかし晴賢が自害すると、奇跡的に脱出を遂げたとされている。しかし1557年、毛利元就の追討を受け、最終的には杉重輔の攻撃により陶長房(晴賢の子)ともども周防富田において自害に追い込まれた。

関連項目編集