メインメニューを開く

益田氏(ますだし)は、石見益田を本拠としていた武家。本姓は藤原氏といわれる。はじめ浜田の御神本に居館を構えたことから御神本氏(みかもとし)を称した。後に毛利氏に臣従し、関ヶ原の戦い後は長門須佐を領した。

益田氏
(御神本氏)
家紋
上り藤に久の字、九枚笹[1]
本姓 藤原北家道兼流
柿本朝臣柿本人麻呂後裔?
家祖 藤原国兼
種別 武家
華族男爵
出身地 石見国浜田御神本
石見国益田
主な根拠地 石見国浜田御神本
石見国益田
長門国須佐
著名な人物 益田親施
支流、分家 三隅氏武家
周布氏(武家)
末元氏(武家)
丸茂氏(武家)
多根氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族
益田七尾城
三宅御土居跡
須佐益田家邸宅
萩市須佐にある益田家墓所
益田藤兼坐像
益田元祥像(狩野松栄作)

一族の通字は「兼」。家紋は「上り藤に久の字」。

目次

歴史編集

初代は藤原忠平の9世の子孫、石見守藤原国兼といわれる。永久2年(1114年)、石見に赴任するために下向。任期終了の永久6年(1118年)以降も石見に留まり続け、そのまま土着豪族化した。その際、石見上府(浜田御神本)に拠点を構え、御神本氏を称した。系図によっては、地域の有力者とする史料もあることから、地元の有力者との婚姻関係を結びながら土着化していったと考えられている[2]

3代兼栄、4代兼高の代で益田氏は石見に有力武士団を形成した。兼高は石見の在庁官人として石見における地位を確立し、あわせて石見押領使に補任された。また、兼高の代で居館を益田に移し(建久9年、1192年)、これ以降益田氏に改める。なお、兼高の次男の兼信は三隅(みすみ)氏を名乗って分家三隅氏を、三男の兼広が福屋(ふくや)氏を興す。三者は一族を同じにする者として氏神御神本大明神の祭礼を共同で行うなどしていた。一般的には益田氏を御神本氏の惣領家とすることが多いが、三隅・福屋氏の系図史料が不足していることから、御神本一族惣領が益田氏であると断定するには至っていない[2]

5代兼季は石見の莫大な所領を子らに分封した結果、周布氏末元氏丸茂氏多根氏などの庶流が生まれた。南北朝時代になると益田宗家は北朝方、三隅・福屋・周布などの分家は南朝方に付いた。

観応の擾乱が勃発すると、益田氏は大内弘世と共に中国探題であった足利直義方に付いた。その後直義方が劣勢になると大内氏足利尊氏方に寝返り、益田氏もそれにならった。以後益田氏は大内氏の傘下として石見国人の筆頭の地位を築いた。応仁の乱益田兼堯貞兼父子は大内政弘に従い石見で大内教幸吉見信頼の反乱を鎮圧して石見の勢力を伸ばし、益田宗兼尹兼父子は大内義興に従軍して永正5年(1508年)に上洛するまでになった。

天文20年(1551年)、大寧寺の変大内義隆陶晴賢ら重臣の謀反で討たれると、益田藤兼は晴賢と縁者の立場から晴賢主導の大内氏に従った。しかし、天文24年(1555年)の厳島の戦いで晴賢が毛利元就に討ち取られると藤兼も翌弘治2年(1556年)に元就の次男・吉川元春に益田領へ攻め込まれ、翌3年(1557年)に降伏、以降は毛利氏に従属することとなった。子の元祥も引き続き毛利氏に仕えたが、関ヶ原の戦いで毛利氏は減封、元祥も石見益田を離れて長門須佐に移った。以後、益田氏は長州藩の永代家老として毛利氏に仕え、問田益田家など分家三家も寄組として繁栄した。幕末禁門の変で長州軍の指揮を執り、長州征討で責任を取って切腹した益田親施(右衛門介)は子孫である。ちなみに、同時代の長州藩士である周布兼翼(周布政之助)も前述の周布氏の一族出身である。

明治以降は男爵に叙爵された。現在、子孫は萩市須佐には在住せず、東京都内に在住している。

系図編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
藤原実頼
 
 
 
(7代略)
御神本国兼
 
 
 
兼実
 
 
 
兼栄
 
 
 
益田兼高1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼季2三隅兼信福屋兼広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼時3周布兼定末元兼直丸毛兼忠多根兼政
 
 
 
兼久4
 
 
 
兼胤5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼弘6大草兼利遠田兼胤波田兼国
 
 
 
兼方7
 
 
 
兼見8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼世9仙道兼弘多根兼政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀兼10波多野氏兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼理11吉田兼家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼堯12忠勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞兼13兼久赤雁兼治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗兼14徳祐興兼兼勝兼典
 
 
 
 
 
尹兼15兼英
 
 
 
 
 
藤兼16沢井兼家
 
 
 
元祥17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広兼吉川家澄就景〈問田益田家〉
景祥
就之
 
 
 
 
 
 
 
元尭18就固就武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
就宣19繁沢元充福原就祥→益田就恒22井原就尭就高就朋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兼長20久之丞21就賢23元方広尭
(本家へ)
広明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久之丞21元道24福原元貞就賢
(本家へ)
 
 
 
広尭25
 
 
 
就祥26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
就恭27佐世親長
 
 
 
房清28[※ 1]
 
 
 
元宣29[※ 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親興親施30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
精祥親祥31[※ 3]
 
 
 
精祥32
 
 
 
兼施33
  1. ^ 長州藩家老吉敷毛利家毛利就兼の子。
  2. ^ 長州藩家老右田毛利家毛利就任の子、房清の従兄弟。
  3. ^ 長州藩家老吉敷毛利家・毛利房謙の子。

その他の益田氏編集

上述した石見の益田氏の他にも、益田の名字を名乗った家系がいくつか存在する。

  • 尾張国を発祥とし、蜂須賀家に従って徳島藩家老の家系となった益田家。
  • 江戸幕府旗本の益田家。明治維新後に官僚・実業家・男爵となった益田孝らを輩出している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 沼田 1926, p. 154.
  2. ^ a b 益田市教育委員会 2017, pp. 38-40, §. 益田氏の出自.

参考文献編集

  •  沼田頼輔 国立国会図書館デジタルコレクション 『日本紋章学』 明治書院、1926年3月。全国書誌番号:43045608http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1879378/111 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 益田市教育委員会編 『中世益田ものがたり』 益田市、益田市教育委員会、2017年9月。ISBN 9784990755850 

系譜参考編集

関連項目編集