メインメニューを開く
錦絵「相馬の古内裏」歌川国芳画。『善知鳥安方忠義伝』の一場面を浮世絵に仕立てたもので、将門の娘、瀧夜叉姫があやつる巨大な骸骨と大宅太郎光圀らが戦う場面[1]

善知鳥安方忠義伝』(うとうやすかたちゅうぎでん)は、山東京伝によって書かれた読本文化3年(1806年)刊行。平将門の子良門滝夜叉姫が,妖術をもって父の遺志を果たそうと暗躍する復讐物語。 将門伝説と謡曲善知鳥」をヒントに書かれたとされる[2]。善知鳥安方の名は、ウトウという鳥は親鳥が「うとう」と鳴くと、子が「やすかた」と鳴いて応えるという伝承から親子の結びつきの強さを象徴する。

京伝の『善知安方忠義傳』は未完で中断したが、他人の書き遺した未完作を完結させることを得意としていた戯作者の松亭金水が嘉永2年(1849年)に第二編、万延元年(1860年)に第三編を書き継いだ[3][4]

相馬の古内裏編集

歌川国芳は、『善知鳥安方忠義伝』を元に「相馬の古内裏」という3枚続きの大判錦絵( 右37.1×25.5cm 中37.3×25.2cm 左37.2×24.1cm)を描いた。弘化2〜3年(1845〜1846年)頃の作とされる。筑波山に住むヒキガエルの精霊、肉芝仙から妖術を授かった良門と滝夜叉の姉弟が巨大な骸骨を操り、源頼信の家臣・大宅太郎光圀と戦うシーンである。読本では数百の骸骨が戦闘を繰り広げることになっているが、国芳はそれを一体の巨大な骸骨に変え、それが御簾を破って大きく半身を乗り出した場面にして描いた。相馬の古内裏とは、下総相馬にあった将門の政庁の廃屋のことで、父の遺志を継ぎ謀反を企てる瀧夜叉が妖術を使って味方を集めた場所である。[5][6]

脚注編集

外部リンク編集