喜入 久道(きいれ ひさみち)は、安土桃山時代武将島津氏の家臣。

 
喜入久道
時代 安土桃山時代
生誕 永禄2年(1559年
死没 慶長5年8月23日1600年9月30日
別名 三郎四郎(通称)、式部大輔(受領名
戒名 心翁久安
主君 島津義久
氏族 喜入氏
父母 父:喜入季久、母:佐多忠将の娘
兄弟 久道義岡久延久親忠続
正室:島津尚久の娘、側室:桑畑道隆の娘
娘(島津忠倍室)、男(早世
養子:忠続
テンプレートを表示

生涯 編集

永禄2年(1559年)、薩摩国島津氏の家臣・喜入季久の長男として誕生。家督を継ぐと喜入(現・鹿児島市喜入町)と鹿籠(現・鹿児島県枕崎市)併せて5,148石を領した。

犬追物の上手であったようで、天正3年(1575年)11月に催されたそれでは、11疋を射る腕前を見せている。武将としては、天正13年(1585年)の肥後御船城攻めに従軍、天正15年(1587年)に豊臣秀長により新納院高城が攻められると、山田有信と共に城に籠り、島津義久の説得により降伏すると、有信の嫡子・山田有栄共々豊臣方の桑山重晴の人質となった。

その後に、喜入・鹿籠から永吉(現・鹿児島県鹿児島市永吉)へ転封となる。また、一男一女があったが共に早世したため後継ぎがなく、島津義弘の四男・万千代丸を養子に迎える予定であった。しかし、万千代丸も9歳で夭折したことから、天正17年(1589年)義久の命により出家していた末弟の忠続が養子とされた。

慶長5年(1600年)8月に死去した。享年42。

参考文献 編集

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)