メインメニューを開く

喜屋武村(きゃんそん)はかつて沖縄県島尻郡にあったで、沖縄本島最南端の自治体だった。現在の糸満市南西部にあたる。

喜屋武村
廃止日 1946年4月1日
廃止理由 新設合併
喜屋武村・真壁村摩文仁村三和村
現在の自治体 糸満市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
島尻郡
隣接自治体 真壁村摩文仁村
喜屋武村役場
所在地 沖縄県島尻郡喜屋武村字喜屋武
特記事項 廃止当時はアメリカ軍施政権下
 表示 ウィキプロジェクト

1908年の島嶼町村制で喜屋武村となる。1946年真壁村摩文仁村と合併し三和村となり消滅。村役場は喜屋武に置かれた。

沿革編集

もともと喜屋武間切で、古くは「きやめ」と呼ばれていた。1896年の郡区制で島尻郡に編入した後、1908年4月1日に島嶼町村制で摩文仁村となった。主な産業は農業。

沖縄戦では摩文仁が最後の激戦地となり、村民だけでも犠牲者数は約1200人近くと村人口の約半数にもなった。このため人口は半減し、このまま村独自では復興が難しいことから、1946年4月1日に隣接する真壁村と摩文仁村と合併、三和村となり喜屋武村は消滅した。村役場は三和村喜屋武支所となった。

その後三和村は1961年10月1日(旧)糸満町(現在の糸満市字糸満)・高嶺村兼城村と合併し(新)糸満町となり僅か15年で消滅。さらに1971年12月1日に市制施行し、糸満市となった。

地域編集

  • 喜屋武(きゃん)
  • 束辺名(つかへな) 現在は束里(つかざと)となった
  • 上里(うえざと) 現在は束里となった
  • 福地(ふくぢ)
  • 山城(やまぐすく)

隣接していた自治体編集

  • 真壁村(現在の糸満市)
  • 摩文仁村(現在の糸満市)

現在の糸満市喜屋武地域編集

交通編集

道路

路線バス いずれも琉球バス交通による運行

  • 82番・玉泉洞糸満線
  • 107番&108号・南部循環線

学校編集

中学校は真壁の三和中学校に通学する。

主要施設編集

  • 沖縄戦跡国定公園(復帰前は政府立公園)全域が指定
    • 魂魄之塔(山城)
    • 平和創造の森公園(山城、1993年に開催された全国植樹祭の会場)
  • 喜屋武岬(喜屋武、沖縄本島ほぼ最南端)
  • 琉球ガラス村(福地)
  • 糸満市・豊見城市清掃工場(束里)