メインメニューを開く

喜連川 茂氏(きつれがわ しげうじ)は、江戸時代大名下野喜連川藩の第5代藩主

 
喜連川 茂氏
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年12月2日1701年1月10日
※異説あり
死没 明和4年5月15日1767年6月11日
改名 梅千代・松次郎(幼名)、茂氏
戒名 玄徳院殿恭山懿公大居士
墓所 栃木県さくら市龍光寺
官位 左兵衛督
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重
下野喜連川藩
氏族 喜連川氏
父母 父:喜連川氏春
正室:松平忠喬の娘
継室:加藤泰恒の娘
梅千代氏連、娘(前田長恭室)、娘(今川義泰室のち井上正延継室)、娘(山名豊暄正室)

生涯編集

元禄13年(1700年)12月2日(もしくは元禄15年(1702年))、第4代藩主・喜連川氏春の長男として生まれる。享保2年(1717年)5月15日、徳川吉宗御目見し、享保6年(1721年)に父が死去したため跡を継いだ。弓術に秀で、一寸の強弓を扱うで知られた。宝暦7年(1757年)12月25日、次男・氏連に家督を譲って隠居し、明和4年(1767年)5月15日に死去した。

民政に尽力し、特に治安の安定によく努めたという。そのため、茂氏の治世のもとで喜連川藩は一度も盗賊が現れず、夜も戸締りの必要なしとまで謳われ、茂氏自身も「民政安定の名君」と称された。しかし晩年は子の氏連が先立って若死にするなど、不幸でもあったという。