メインメニューを開く

四国軍管区(しこくぐんかんく)は、大日本帝国陸軍軍管区の一つ。昭和20年(1945年6月12日善通寺師管区司令部を四国軍管区司令部と改称し、四国地方徳島香川愛媛高知の四県に相当する地域を管轄した。

四国軍管区
創設 1945年昭和20年)6月12日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
所在地 香川県善通寺市司令部
最終上級単位 司令部は天皇直隷の官衙
担当地域 四国地方
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

概要編集

この地域は、昭和19年(1944年)以前は西部軍の管轄区域である西部軍管区の一部であったが、第二次世界大戦最終局面の昭和20年(1945年)に大本営帝国陸海軍作戦計画大綱を策定、2月1日九州地方担当の作戦軍である第16方面軍を編成し西部軍を廃止した。

このため、四国地方を第15方面軍司令部が兼ねた中部軍管区司令部の管轄下に入れ、同年6月12日に善通寺師管区司令部を四国軍管区司令部と改称して第55軍司令官原田熊吉中将が指揮し、天皇に直隷し四国地方の軍政を統括した。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍總合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制總覽』芙蓉書房出版、1987年。