由旬(ゆじゅん)、サンスクリットヨージャナयोजन yojana)は、古代インドにおける長さ単位

古代インドでは度量衡が統一されておらず、厳密に「1ヨージャナは何メートル」とは定義できないが、一般的には約11.3kmから14.5km前後とされる。また、仏教の由旬はヒンドゥー教のヨージャナの半分とも言われ、倶舎論の記述などでは普通1由旬を約7kmと解釈する。

古より様々な定義がなされており、例えば天文学書『アールヤバティーヤ』(en:Aryabhatiya)では「人間の背丈の8000倍」となっている。他にも「帝王の行軍の1日分」「牛の鳴き声が聞こえる最も遠い距離の8倍」など様々な表現がなされている。

また、「32000ハスタ」とする定義もある[1]。ハスタ(hasta)とは本来「手」の意味だが、古代インドの長さの単位でもあり、この場合は「肘から中指の先までの長さ」(キュビット)と定義される。以下倍量単位が続き、4ハスタが1ダヌ(dhanu「弓」)または1ダンダ(daṇḍa「棒」)、2000ダヌが1クローシャ(krośa)、2クローシャが1ガヴユーティ(gavyūti)、そして2ガヴユーティが1ヨージャナとなる。仮に1ハスタを45cmとすると、1ヨージャナは14.4kmとなる。

一方、仏教では1拘盧舎(クローシャ)が1000ダヌ(4000ハスタ)、そして4拘盧舎が1由旬とされているので、1由旬は7.2kmとなる。

由旬を使ってその大きさが示されているものとしては、須弥山の高さ8万由旬などがある。

脚注編集

  1. ^ たとえば『マールカンデーヤ・プラーナ』49章では、ここに書かれているものと途中が異なるが2000ダヌを1ガヴユーティ、4ガヴユーティを1ヨージャナとするので、ハスタとヨージャナの関係は同じである