メインメニューを開く
四条隆英

四条 隆英(しじょう たかふさ、1876年明治9年)2月26日 - 1936年昭和11年)1月2日[1])は、日本の商工官僚政治家実業家華族農商務次官、初代商工次官、貴族院男爵議員。旧名・二条支英[1][2]

目次

経歴編集

京都府京都[3]、華族・二条斉敬の四男[4]として生まれ、男爵四条隆平の養子となる[1][5]。養父の死去に伴い家督を相続し、1911年8月1日に男爵を襲爵した[6]

第二高等学校を経て、1904年7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[5]。同年7月、農商務省に入省し山林局書記に任官[5]。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格[5][7]

以後、山林局監督官、山林事務官兼農商務書記官、山林局庶務課長、鉱山監督署事務官・東京鉱山監督署、農商務書記官・鉱山局鉱政課長、農商務大臣秘書官大臣官房秘書課長、商工局工務課長、臨時博覧会事務局出品課長、工務局長兼臨時産業調査局第三部長、農商務次官、商工次官などを歴任[5][8]

1929年4月に依願免本官となり退官し[5]高橋是清の推薦[9]安田保善社理事となり、安田生命保険社長、帝国製麻社長などを務めた[5][8]

1932年5月28日、貴族院議員補欠選挙で男爵議員に選出され[2][10]公正会に所属し死去するまで在任した[8]。その他、鉄道会議議員、航空評議会評議員、保善商工教育財団理事長、日本工業倶楽部理事、らい予防協会理事などを務めた[8]

親族編集

  • 妻 四条駒子(養父の長女)[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、713頁。
  2. ^ a b 「故男爵四条隆英叙勲ノ件」
  3. ^ 神谷「四條隆英試論」152頁。
  4. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、713頁では「六男」。
  5. ^ a b c d e f g 『日本近現代人物履歴事典』257頁。
  6. ^ 『官報』第8434号、明治44年8月2日。
  7. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』185頁。
  8. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』73頁。
  9. ^ 神谷「四條隆英試論」150頁。
  10. ^ 『官報』第1622号、昭和7年5月30日。

参考文献編集


日本の爵位
先代:
四条隆平
男爵
四条家(分家)第2代
1911年 - 1936年
次代:
四条隆秀