国久 松一(くにひさ しょういち、1919年5月15日 - 戦死)は、大阪府出身のプロ野球選手。ポジションは二塁手外野手

国久 松一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1919-05-15) 1919年5月15日
没年月日 戦死
身長
体重
167 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手 外野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1942年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

興國商業から1939年南海軍へ入団。1943年に召集され、ビルマで戦死した。実働は僅か4年ながらも全てレギュラーで出場。入団直後にいきなり開幕戦で4番・二塁手に起用されたが、遅れて鶴岡一人岡村俊昭が入団して以降は2番を任され、翌年以降はトップバッターとして重用された[1]。遠投で127mを記録した強肩の持ち主で[2]バカ肩国久の愛称で親しまれた[3]。また強肩のみならず選球眼も優れている上に、平均で22~3盗塁を決める程の俊足と1年目から11三塁打を記録するほどの長打も兼ね備えており、黎明期の南海球団を支えた[4]

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1939 南海 94 396 356 43 96 12 11 1 133 30 26 -- 4 2 33 -- 1 29 -- .270 .333 .374 .707
1940 102 443 379 45 82 10 3 2 104 19 31 -- 9 0 54 -- 1 27 -- .216 .316 .274 .590
1941 75 330 299 25 64 7 1 1 76 10 6 -- 2 -- 27 -- 2 24 -- .214 .284 .254 .538
1942 105 451 401 48 82 9 2 0 95 24 28 4 10 -- 38 -- 2 23 -- .204 .277 .237 .514
通算:4年 376 1620 1435 161 324 38 17 4 408 83 91 4 25 2 152 -- 6 103 -- .226 .303 .284 .587
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 18 (1939年 - 1942年)

脚注編集

関連項目編集