メインメニューを開く

国司 有純(くにし ありずみ)は、戦国時代武将毛利氏の家臣。

 
国司有純
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
改名 有純[1]→元純[1]
別名 飛騨、掃部助[1]
墓所 広島県安芸高田市吉田町国司 国司氏墓所
官位 飛騨守[1]
主君 毛利豊元弘元興元
氏族 高階姓高氏庶流国司氏
父母 父:国司光宣[1]
兄弟 有純
毛利豊元[1]
有相[1]元重[1]元勝[1]元真[1]
テンプレートを表示

生涯編集

国司光宣の子で、毛利豊元の娘を妻としたため、毛利家の一門的扱いを受けた。毛利豊元弘元興元に仕え、多治比猿掛城主であった毛利元就幼少期の後見役を勤めた。

脚注編集

参考文献編集

  • 岡部忠夫編著『萩藩諸家系譜』琵琶書房、1983年8月。全国書誌番号:84027305NCID BN01905560ASIN B000J785PQ
  • 『近世防長諸家系図綜覧』防長新聞社山口支社編、三坂圭治監修、防長新聞社、1966年3月。全国書誌番号:73004060NCID BN07835639OCLC 703821998 国立国会図書館デジタルコレクション
  • 萩藩閥閲録 山口県文書館編


先代:
国司光宣
安芸国司氏歴代当主
? - ?
次代:
国司有相