メインメニューを開く

国政参加選挙(こくせいさんかせんきょ)は、琉球政府時代の沖縄において、日本国衆議院参議院の議員を選出するために1970年11月15日に行われた選挙である。1971年に調印された沖縄返還協定の批准のために国会に特別委員会が設置され、選出された議員は協定批准の審議に参加した。

要項編集

沖縄住民の国政参加特別措置法にもとづき、1970年11月15日に実施された。衆議院、参議院ともに全県1区で、衆議院の定数は5、参議院の定数は2(1名の任期は1974年7月7日まで、もう1名の任期は1971年7月3日まで)とされた。

「沖縄解放」をかかげる新左翼諸党派はこの選挙をボイコットした。

当選者編集

衆議院編集

任期は1973年12月26日まで(実際には1972年11月13日に衆議院が解散)

参議院編集

  • 喜屋武真栄(革新統一候補)(任期は1974年7月7日まで)
  • 稲嶺一郎(自由民主党)(任期は1971年7月3日まで)

関連項目編集

外部リンク編集