メインメニューを開く

国立療養所

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

国立療養所(こくりつりょうようしょ)は、第二次世界大戦後に設置された長期入院患者向けの国立医療施設である[1][2]

1945年、50傷痍軍人療養所(結核36・精神3・脊髄1・温泉10)が厚生省に所管替えとなり、1947年には95結核療養所が日本医療団から厚生省に移管されて、国立療養所の体系が形成された[2]。厚生省(のち厚生労働省)の附属機関(のち施設等機関)に位置づけられ、医療の専門化高度化に伴い整備・再編が進められた。2004年独立行政法人化により多くが国立病院機構に改編された[1]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]