国連薬物犯罪事務所

国連総会の補助機関

国連薬物犯罪事務所(こくれんやくぶつはんざいじむしょ, : United Nations Office on Drugs and Crime, 略称UNODC)は1997年に設立された国際連合の機関で、薬物規制と薬物犯罪対応に加え、人身売買資金洗浄を含めた組織犯罪汚職などの腐敗対応を目的とする[2][3]

国連薬物犯罪事務所
United Nations Office on Drugs and Crime Logo.svg
概要 事務局
略称 UNODC
状況 活動中
活動開始 1997年
本部 ウィーン
活動地域

ヨーロッパ、西アジア、中央アジア[注 1][注 2]
アフリカと中東[注 3]
ラテンアメリカとカリブ海[1][注 4]
東南アジアと大洋州[注 5]
南アジア[1][注 6]
地域事務所 - ブリュッセル[1]

地域事務所 - ニューヨーク[1]
公式サイト United Nations Office on Drugs and Crime
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示
Vereinte Nationen in Wien.jpg

1991年に国連薬物統制計画(UNDCP[注 7])および犯罪防止刑事司法計画をそれぞれ設立、両者を統合した1997年、国連薬物統制犯罪防止事務所(UNODCCP[注 8])を設立した後、2002年に国連薬物犯罪事務所に名称変更している[3]。ウィーン本部のほか、世界各地に支部を置く[2][3]。主に拠出金で運営され、職員数は2009年時点約450名[2]、2015年時点で約698名である[3]。各機関への助言や司法制度整備支援をはじめ、関連する調査・統計等も行っている[2][3]

国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約国際連合腐敗防止条約United Nations Convention against Corrption)の執行にも携わる[3]。さらに犯罪の問題に関連して世界のAIDS/HIV問題や刑事施設の監視も行っている[4]

出版物編集

定期刊行物編集

創刊年順

  • "World Drug Report (United Nations)"、ウィーン、電子版。発行中。別題 "United Nations World Drug Report"。 NCID AA12051900。
    • 発行者は1997年創刊当時は国連薬物統制計画、ついでUNODCCP(2000年–2003年)を経て、2004年以降はUNODCが担当。
  • "Afghanistan Opium Survey"、電子版。2000年創刊、発行中。
  • "Eastern horizons"、バンコク、UNODC 東アジア大洋州地域事務所(Regional Centre for East Asia and the Pacific)、電子版。2000年創刊第1号–2007年第27号。

書籍、報告書編集

  • Demirbüken, Hakan ; Mili, Hayder ; Le Cussan, Renée ; UNODC. (2011) "The global Afghan opium trade : a threat assessment, 2011". ISBN 9789211482638, NCID BB08035258.
  • "Migration in the Arab region and the 2030 agenda for sustainable development". (2018) 共同制作:国連、ESCWA[注 9]国際移住機関国際労働機関(ILO)、Joint United Nations Programme on HIV/AIDS、国連開発計画、アフリカ経済委員会(UNECA)、国連食糧農業機関国連環境計画、UN Fund for Population Activities、国連人間居住計画国連難民高等弁務官事務所WHO国連人権高等弁務官事務所UNウィメン
  • "Situation report on international migration". (2017) 国連、ESCWA、国際移住機関、NCID BB26735910。
  • Rossi, Ivana M. ; Pop, Laura ; Berger, Tammar. (2017) "Getting the full picture on public officials : a how-to guide for effective financial disclosure". 世界銀行(共編)、シリーズ: Stolen Asset Recovery (StAR)ISBN 9781464809538、NCID BB23541612。
  • Brun, Jean-Pierre ; Stolen Asset Recovery Initiative ; 世界銀行 ; UNODC. (2015) "Public wrongs, private actions : civil lawsuits to recover stolen assets"、世界銀行、UNODC(発行)、ISBN 9781464803703、NCID BB17228842。
  • Gray, Larissa ; Hansen, Kjetil ; Recica-Kirkbride, Pranvera ; Mills, Linnea ; Stolen Asset Recovery Initiative ; OECD. (2014) "Few and far : the hard facts on stolen asset recovery"。世界銀行、UNODC(発行)、シリーズ: Stolen Asset Recovery (StAR) ISBN 9781464802744、NCID BB16796034。
  • "Transnational organized crime in East Asia and the Pacific : a threat assessment" (2013) ISBN 9789211303148、NCID BB16528283。
  • Stolen Asset Recovery Initiative (共編) "Income and asset disclosure : case study illustrations : a companion volume to public office, private interests : accountability through income and asset disclosure"。世界銀行 : UNODC、シリーズ: Stolen Asset Recovery (StAR) ISBN 9780821397961、NCID BB13354572。
  • "Global report on trafficking in persons "(2012) 国連(発行)、ISBN 9789211303094、NCID BB15152604。
  • OECD ; Stolen Asset Recovery Initiative (2012) "Identification and quantification of the proceeds of bribery : a joint OECD-StAR analysis"、改訂版(Rev. ed)OECD、 StARISBN 9789264175389、NCID BB0946972X。
  • Stolen Asset Recovery Initiative (2012) "Public office, private interests : accountability through income and asset disclosure : a companion volume to Income and asset disclosure : case study illustrations"。世界銀行(共編)、シリーズ: Stolen Asset Recovery (StAR) ISBN 9780821394526、NCID BB08984061。
  • OECD ; Stolen Asset Recovery Initiative (2011). "Identification and quantification of the proceeds of bribery : a joint OECD-StAR analysis"。OECD、 StAR ISBN 9789264122895、NCID BB08212193。
  • 共編. (2010) "South East Asia opium survey 2010 : Lao PDR, Myanmar"。llicit Crop Monitoring Programme ; Burma Central Committee for Drug Abuse Control ; Khana Kammakān hǣng Sāt Lāo phư̄a Kūatkā læ Khūapkhum Yāsēptit、UNODC(発行)、NCID BB09067533。
  • 会議報告書:Regional Seminar on Good Governance for Southeast Asian Countries . (開催地:マニラ、2009年12月9日-12日)参加機関:国連アジア極東犯罪防止研修所(UNAFEI)[注 10] ; Philippines Dept. of Justice ; UN International Drug Control Programme, Regional Centre for East Asia ; the Pacific Measures to freeze, confiscate and recover proceeds of corruption, including prevention of money-laundering。共催:UNAFEI[注 10] ; the Department of Justice of the Republic of the Philippines ; UNODC 東アジア大洋州地域事務所。UNAFEI[注 10](発行)。第3版、ISBN 9784870332881、NCID BB04723215。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

編集

  1. ^ UNODCは地域事務所115箇所を80ヵ国に展開、職員2,400人を配置する[1]
  2. ^ アフガニスタン、バルト諸国、中央アジア、イラン、アフガニスタンと周辺諸国地域プログラム、ロシア、東南ヨーロッパ。
  3. ^ アフリカ東部、アフリカ中東部・北部、ナイジェリア、アフリカ南部、アフリカ西部・中央部。
  4. ^ ボリビア、ブラジルと南部コーン、中央アメリカとカリブ海、コロンビア、メキシコ、ペルーとエクアドル。
  5. ^ カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、タイ地域事務所、ベトナム。
  6. ^ 南アジア地域事務所、パキスタン。
  7. ^ United Nations International Drug Control Program
  8. ^ United Nations Office for Drug Control and Crime Prevention
  9. ^ 西アジア経済社会委員会の英語名称はUnited Nations Economic and Social Commission for Western Asia、略称はESCWA。
  10. ^ a b c 国連アジア極東犯罪防止研修所の英語名称は UN Asia and Far East Institute for the Prevention of Crime and Treatment of Offenders。

出典編集

  1. ^ a b c d e UNODC Field Offices” (英語). 2020年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 『国際連合の基礎知識』関西学院大出版会、2009年、72-73頁。ISBN 978-4-86283-042-5
  3. ^ a b c d e f 国連薬物・犯罪事務所”. 外務省. 2015年12月3日閲覧。
  4. ^ 国連薬物犯罪事務所”. 国際連合広報センター. 2015年12月3日閲覧。

外部リンク編集