国道3号 (エチオピア)

国道3号(こくどう3ごう)は、エチオピアの国道のひとつ。

概要編集

エチオピアの首都アジスアベバからオロミア州を経て、アムハラ州スーダン国境に至る。全長988km。国内生産量の4割を占めるアムハラ州の穀物の移送や原油輸入量の8割を占めるスーダンからの原油輸送路として、重要な道路となっている。

改良工事の実施編集

重要性に反してほぼ全線未舗装路であるなど、劣悪な道路環境にあったが、2000年代に入り日本の政府開発援助 (無償資金協力)、世界銀行の融資などにより舗装橋梁の架け替え工事等が進められている。改良区間の概要と役割分担は次の通り[1]

出典編集

  1. ^ 業務実施契約に基づき実施する予定案件(JICAホームページ) (PDF)

関連項目編集