アムハラ州アムハラ語: አማራ ክልልBGN / PCGN 1967式ラテン文字転写:Āmara、英語: Amhara Region)は、エチオピア中北部に位置する州。州都はバハルダール。面積は15万4709km2で、国内ではオロミア州ソマリ州に次いで大きい。2015年の人口は2040万1000人で、これはオロミア州に次いで多い。人口密度は131.9/km2(ティグレ州の占領地を含まない[1])。

アムハラ州

አማራ ክልል
Āmara
州都バハルダール(2018年)
州都バハルダール(2018年)
アムハラ州の旗
アムハラ州の公式印章
印章
2021年4月時点のアムハラ州 (薄赤色は占領地)
2021年4月時点のアムハラ州
(薄赤色は占領地)
北緯11度39分38.88秒 東経37度57分28.08秒 / 北緯11.6608000度 東経37.9578000度 / 11.6608000; 37.9578000
エチオピアの旗 エチオピア
設置 1995年8月21日
名の由来 アムハラ人
州都 バハルダール
行政
 • 種別 連邦州
 • 州知事 Temesgen Tiruneh (繁栄党)
面積
 • 合計 154,709km2
面積順位 3位
人口
(2007年国勢調査)
 • 合計 17,221,976人
 • 推計
(2015年)
20,401,000人
 • 順位 2位
  [1]
等時帯 UTC+3 (エチオピア時間)
 • 夏時間 なし
ISO 3166コード ET-AM

歴史編集

 
ティグレ戦争の勢力図(2021年4月)
黄色はアムハラ州の実効支配地域。

1995年民族ごとに州が再編された際、ベゲムデル州英語版ゴッジャム州英語版、およびウォロ州英語版からアムハラ人が多数を占める地域を分割して組織された。この際、ベゲムデル州北部のウェルカイト地方とウォロ州西部のラヤ地方がティグレ州へ移管されたことで、領土問題に発展した。アムハラ人民族主義者はウェルカイトとラヤの2地方を「失地」と呼び、奪還を呼びかけた[2]

2019年6月22日、民族主義急進派の州治安部隊員らがクーデターを試み、反民族主義的な当時の州知事アンバチュー・メコネンおよび国軍将校を殺害する事件が発生した。容疑者らは州・連邦政府によって数日内に逮捕または殺害され、クーデターは失敗に終わった(2019年アムハラ州クーデター未遂事件)。

2020年11月4日、ティグレ州で州与党ティグレ人民解放戦線(TPLF)と連邦政府が交戦状態に陥ると、アムハラ州は予てより領有権を主張していたウェルカイト地方およびラヤ地方へ治安部隊を投入し、連邦軍と共に当地からTPLFを駆逐した[3]。アムハラ州はウェルカイト地方とラヤ地方に役員を派遣し、占領地の実効支配を開始した[4][5]。州は独自で占領地に県の創設を宣言し、連邦政府へ併合の承認を要求している[6]アビィ・アハメド首相は、連邦議会から併合が承認されるまで占領地の「暫定統治」を認めた[7]。一方占領地ではティグレ人住民の迫害が行われ、「民族浄化」として問題となっている[8]

行政編集

州政府、州議会、州最高裁判所が設置されている。

歴代州知事の一覧編集

日本語訳は州知事のほかに、州大統領、議長がある[9]

氏名 就任日 退任日 所属政党 備考
1 Addisu Legesse 1992年 2000年10月 アムハラ民族民主運動
2 Yoseph Reta 2000年10月 2005年10月5日 アムハラ民族民主運動
3 アヤル・ゴベゼ
Ayalew Gobezie
2005年10月5日 2013年12月19日 アムハラ民族民主運動
4 ゲドゥ・アンダルガチョウ
Gedu Andargachew
2013年12月19日 2019年3月8日 アムハラ民族民主運動
→アムハラ民主党
アムハラ民族民主運動は、2018年9月30日にアムハラ民主党へ改名した。
5 アンバチュー・メコネン英語版
Ambachew Mekonnen
2019年3月8日 2019年6月22日 アムハラ民主党 2019年アムハラ州クーデター未遂事件で殺害される。
- Lake Ayalew 2019年6月22日 2019年7月15日 代行
6 Temesgen Tiruneh 2019年7月15日 現職 アムハラ民主党
繁栄党英語版
アムハラ民主党は、2019年12月1日に繁栄党へ吸収された。

行政区画編集

 
アムハラ州は北西の黄緑の領域

10の県(Zone)と1つの特別県から成る。県の下には郡(Woreda)が設置されている。なおアルゴッバ特別郡はどの県にも属しておらず、事実上県としても扱われている。ティグレ州占領地のうち、ラヤ地方は北ゴンダール県へ編入され、ウェルカイト地方には3つの県が創設された[6]

地理編集

北部をティグレ州、東部をアファール州、南部をオロミア州、南西部をベニシャングル・グムズ州、西部をスーダンと接する。2020年のウェルカイト地方占領で、北はエリトリア国境まで広がった。

州内にはエチオピア最高峰のラス・ダシャン山や、エチオピア最大の湖で青ナイル川の水源でもあるタナ湖がある。

産業編集

エチオピアの歴史の中心だった中央高原を占める州で、古都ゴンダルラリベラなど世界遺産も多く、近年観光が盛んになりつつある。農業は古くから盛んで、州の生産高は国内生産の4割を占めエチオピアの穀倉地帯となっている[11]

住民編集

人口推移編集

民族編集

人口構成はアムハラ人が91.48%、アガウ人英語版(アウィ人とも)が3.46%、オロモ人が2.62%。

言語編集

公用語アムハラ語

宗教編集

宗教はエチオピア正教が82.5%、イスラム教徒が17.2%である。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c Federal Democratic Republic of Ethiopia/Regions”. Citypopulation.de (2015年11月14日). 2021年5月1日閲覧。
  2. ^ Tigray’s border conflicts explained”. Passport Party (2020年11月11日). 2021年4月30日閲覧。
  3. ^ The war on Tigray: massacres of Tigrayans in western Tigray that is under Amhara occupation”. tghat.com (2020年12月2日). 2021年5月1日閲覧。
  4. ^ Ethiopia's Tigray conflict revives bitter disputes over land”. フランス24 (2020年12月30日). 2021年4月30日閲覧。
  5. ^ In Pictures: Inside Humera, a town scarred by Ethiopia’s war”. アルジャジーラ (2020年11月23日). 2021年4月30日閲覧。
  6. ^ a b Ethiopia’s Tigray War Is Fueling Amhara Expansionism”. フォーリン・ポリシー (2021年4月28日). 2021年5月1日閲覧。
  7. ^ Ethiopia’s Amhara Seizes Disputed Territory Amid Tigray War”. ブルームバーグ (2021年3月17日). 2021年5月1日閲覧。
  8. ^ Blinken: Acts of 'ethnic cleansing' committed in Western Tigray”. CNN (2021年3月10日). 2021年4月30日閲覧。
  9. ^ Ethiopia Administrative Divisions/Amhara”. Worldstatemen.org. 2021年5月1日閲覧。
  10. ^ 'Leave no Tigrayan': In Ethiopia, an ethnicity is erased”. AP通信社 (2021年4月7日). 2021年5月1日閲覧。
  11. ^ 業務実施契約に基づき実施する予定案件(JICAホームページ) (PDF)