メインメニューを開く

クモヤ22形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した旧形電車である。

概要編集

車体長17m級の事業用制御電動車に与えられた形式で、18両が1960年(昭和35年)から1970年(昭和45年)にかけてモハ10形クモハ11形およびクモニ13形の改造または改番により本形式に編入された。

最初の2両がコンテナ輸送試験車であったのに対し、残りの16両は牽引車であった。

番号区分編集

番号区分は次のとおり。

 
クモヤ22001
  1. クモヤ22000,22001 : 1960年にクモハ11形200番台の改造により製作されたコンテナ輸送試験車。詳細は国鉄31系電車#コンテナ輸送試験車への改造を参照。
  2. クモヤ22100 : 1962年(昭和37年)にクモハ11形100番台の改造により製作された牽引車。詳細は国鉄30系電車#牽引車への改造を参照。
  3. クモヤ22110 - 22118 : 1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)にかけてにモハ10形の改造により製作された牽引車。詳細は国鉄30系電車#牽引車への改造を参照。
  4. クモヤ22150 - 22152 : 1961年(昭和36年)および1963年にクモハ11形400番台の改造により製作された牽引車。詳細は国鉄50系電車#牽引車への改造を参照。
  5. クモヤ22201 - 22203 : 牽引車代用として使用されていたクモニ13形を1970年に改番したもの。詳細は国鉄50系電車#牽引車への改造を参照。

関連項目編集